@永井花奈が日本勢トップの3位でフィニッシュ!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇5日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 今季のメジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」はテレサ・ルー(台湾)がこの日5打差をひっくり返して逆転優勝。ルーの追い上げも驚愕だったが、日本勢最高位の3位に入ったのが17歳のアマチュア、永井花奈というのも大きな驚きだった。
永井花奈の最終日をフォトギャラリーで振り返る!!
 永井は4日間トータルでは最難関の4番、428ヤードと距離のあるパー4で残り190ヤードのセカンドショットで5番ウッドを振りぬくと「方向も良かったので乗れば必ずいいところにつくと思っって目を離していたら、キャディさんが消えたと」、本人もビックリのイーグルに。
 「ミドルでのイーグルは人生で始めて。ホールインワンは1回、ロングでのイーグルも2度くらいしかないので本当に驚きました」。その後はあまりのことに「フワフワした感じになってしまった」とスコアを伸ばせなかったが、スコアを崩す選手が多い中、1イーグル・1バーディ・1ボギーの“70”と2つ伸ばしトータル6アンダーでフィニッシュ。並み居るトッププロを抑えてアマでの3位は快挙だ。
 今季はプロの試合でトップ10フィニッシュが2回、今回はメジャーでローアマとなり「確実に良くなってると思います」と力強くコメント。「今まではツメが甘いところがあってジュニアの試合でも勝てなくて、プロの試合も予選落ちが続いたけど、これですごい自信に繋がると思います」と今後のゴルフ人生の大きな転機となったようだ。
 今季はここまで勝みなみや森田遥らが中心のアマチュア旋風が吹き荒れたが、その中で「刺激になっているけど、そこまでは。私は内容のほうが」と今季から本格的にトレーニングにとりくむなど、自身のプレーに磨きをかけてきた。プロとして将来活躍することを念頭に「結婚は30歳ぐらいにしたいですね。結婚したらゴルフから離れると思います。それまではたくさん稼いで、今かかっているお金は親に返したいと思います」と10年以上先のことまで考えて行動している。
 愛くるしい笑顔で関西のギャラリーを魅了した永井。今回の結果を糧にこれからさらなる飛躍を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
女子プロの厳選フォトを毎週アップ!「写真館」