F1世界選手権日本GPでジュール・ビアンキ選手が衝突事故 意識不明の重体に

ざっくり言うと

  • F1第15戦日本GPで5日、ビアンキが事故を起こして重体となっている
  • レースは53周を予定していたが、台風18号による雨で44周で打ち切りに
  • 総合1位のハミルトンが優勝し、2位はロズベルグ、小林可夢偉は19位だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング