『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

写真拡大

 コミックの累計発行部数は3600万部を超え、今年の11月にアニメ映画、2015年には実写映画の公開を控えるなど、マンガの枠を超えて大ブレイクしている『進撃の巨人』(諫山創/講談社)。

 さらに11月末からは上野の森美術館で「進撃の巨人展」も開催されるのだが、その「巨人展」のデジタルサイネージ広告が物議を醸している。

 広告は巨人が人類を食しているシーンなのだが、グロテスクなためか人間の部分をハンバーガーやピザの画像で隠すという画像処理が施されている。あまりに雑すぎるコラ画像に加え、広告上部には大きな文字で「自主規制中」と書かれ「一部過激な描写に修正を加えています。無修正の画像は、上野の森の美術館でご覧いただけます。」との但し書きもあり、逆手にとったギャグなのだろう。ただ「自主規制するくらいなら、リヴァイ兵長とかほかの部分を見せればいいのに」という声も一部あった。
 
 たしかに、そのファンタジーとシリアスが同居した独特な世界観、リヴァイ兵長をはじめとする人気キャラ、さまざまな魅力をもつ『進撃の巨人』だが、やはりこの作品の最大の根幹は「突如現れ、人間を食らうた正体不明の巨人たち」という不条理な謎だろう。

 そもそも巨人たちはなぜ人間を食べ、そして吐くのだろうか。同作最大の謎について作者の諫山創が明かしているのを発見した。『まんがキッチンおかわり』(福田里香/太田出版)に収録された料理研究家・福田里香との対談でのことだ。

 福田は料理研究家でマンガにも造詣が深く、マンガなどで登場人物の性格や感情、置かれた状況が食べものを通して伝達される現象を「フード理論」と呼び、独自の作品解釈を提唱していることでも知られる。

 諌山によると、この福田の「フード理論」が『進撃の巨人』に大きな影響を与えているのだという。たとえば、まず大前提として、1善人はフードをおいしそうに食べる、2正体不明者はフードを食べない、3悪人はフードを粗末に扱う、という「フード理論三原則」。

 この三原則を『進撃の巨人』に当てはめれば、巨人はフード(=人間)を粗末に扱う悪人であり、「吐く」という点ではフードを食べない正体不明者でもあるということになる。たしかに当てはまっているように思える。諌山はこのフード理論を2009年ごろラジオで聞き『進撃の巨人』の設定の参考にしたそうだ。
 
 フード理論、食を題材にしたマンガというと、ふつうは「おいしさ」や「食べるよろこび」などを連想すると思うが、当然ながら、『進撃の巨人』における"食"は、そうしたものとはまったくちがう。 

「自分的には、昔から食への興味は稀薄です。高校生のとき考えていたのは、ロボットの主人公が巨人に変身するまでの話でした。そこから話が発展していき、主人公は人間になったのですが、当初、フードというよりは栄養的な面で考えていて。単細胞が増え、進化して生物になるという過程で、ふえるために栄養がいる。養分を奪い吸収し続けるという仕組みは、しかし他者から見たらふえること自体に意味はないという。この意味のなさというか、現象が先に頭にありました。」

 諌山は当初、巨人にとっての人間を"食べもの"というより"栄養"、つまりより無機質なものしてとらえていたようだ。さらに実際の作品では、栄養ですらなくなっている。なぜなら、巨人は、人間を食べるだけでなく、食べた人間を吐き戻してしまうからである。巨人は消化器官をもっていないためおなか一杯になると吐くのだが、人間を溶かす体液で死体は白骨化していたり、ほかの多数の死体と混ざり合った状態で、原型をとどめていない。巨人が吐いた跡は、人間を食らう場面以上に凄惨な光景だ。

「巨人が食べるから悪い奴だっていう風にもしたくなくて。矛盾してるんですけど、あいつら食べるけど、食べなくても大丈夫なのに、吐いちゃうっていうのが......。」
「栄養にしちゃうといいやつになっちゃうというか、じゃあ仕方ないよねという、理解というか共感になっちゃうと思うんです。」

 この巨人が人間を吐くという行為には、福田も「"食べ物を粗末にする"という観点で見ると究極の悪に感じられ、消化吸収しないのでまったく"腹の底が見えない"とも感じて、その腑に落ちなさ具合に戦慄」したと語っている。食物連鎖の一環として食べられるほうが、まだ理解のしようがある。

「その方向もあったと思うんですけど、設定的に吐いちゃうということにしました。あと付けですが、巨人が暴食なのに食ったものを吸収しないというのは、フード理論的には(笑)最悪の冒涜で、それが巨人の得体の知れない恐怖になると思っていて。」

 つまり先の「フード理論三原則」に則ると、口には入れるが消化せず吐いてしまうという意味で「2正体不明者はフードを食べない」に当たり、それが巨人の正体不明の恐怖につながっている。"究極の悪"以上の、恐怖が生み出されているのだ。

 また、巨人だけでなく、巨人と闘うキャラクターたちもフード理論で読み解くことができるのだという。たとえば最新巻である14巻収録部分で新生リヴァイ班というのができているのだが、その食事シーンでのディテールはキャラクターごとに大きなちがいがあると諌山は語る。

「サシャはもう汚いんですよ、ガーッと食い散らかして、コップとか倒れてる。ミカサはなんか豆だけ食ってないとか。そしてリヴァイは全く手をつけないんですよ」

 そのクールさで絶大な人気を誇るリヴァイは、食べないのだ。これについて、諌山は「リヴァイが人間味というか腹の底を見せちゃまずい」と解説している。実はこのシーンは諌山自身でなくアシスタントに任せたらしいのだが、それくらいキャラクターと食が結びついているということだろう。

 ほかにも巨人の食人シーンや、登場人物たちの食事シーンを細かく見てゆけば、キャラクターの背景や展開へのヒントが見つかるかもしれない。

ちなみに、この『まんがキッチンおかわり』はマンガ作品のなかに登場するお菓子のレシピ集がメインなのだが、『進撃の巨人』にまつわるレシピは、サシャが訓練兵団の入団式中に「調理場に丁度頃合いのものがあったので! つい!」と言って盗み食いした「蒸かした芋」をモチーフにしたスイートポテト。人間の肉でも、それっぽいグロテスクなものでもないので、ご安心を。
(田口いなす)