特集 アジア大会2014の発見!(27)

 故障者が出てリレーのオーダー編成に苦しんだアジア大会の男子短距離。日本陸上連盟の伊東浩司男子短距離部長は「桐生祥秀がケガでリタイアした時点で、このような状況はある程度覚悟しなければいけないと感じていた」と話す。

  最初に行なわれた100mは、フェミ・オグノデ(カタール)に圧倒されるレースになった。9月に入ってから10秒0台を2回出して9秒台入りは目前。競技 初日の予選では向かい風0.2mの中で後半の50mを流して10秒14とその片鱗を見せると、翌日の準決勝はラスト10mをブレーキをかけるような動作で 走って10秒02と格の違いを見せつけた。そして決勝では予想通りに9秒93のアジア新記録を出して優勝したのだ。

 それに対して日本勢は、山縣亮太が予選1組で、昨年10秒00を出している中国の張培萌を抑えて10秒21の1位通過。桐生の代役で出場した3組の高瀬 慧も10秒21の1位通過と順調に滑り出し、翌日の準決勝は1組の山縣が10秒17の1位、2組の高瀬は10秒13でオグノデに次ぐ2位と、優勝は無理で も2位と3位は確実だろうと思わせる走りを見せた。

 ところが決勝の舞台で、山縣はキレのないスタートを切ると10秒26の6位。高瀬も10秒0台を狙って硬くなり、中国2番手の蘇炳添にさされて3位という結果に終わった。

 山縣は「準決勝が終わった後に右股関節の痛みが出た。去年からこのレースに照準を合わせていたのに、本当に何をやってるんだろうという感じ」と悔しさを 滲ませた。そして高瀬も「メダルは嬉しいが、良くて金、悪くても銀と思っていたので悔しいのも半分」と語った。(高瀬はレース後に左臀筋の肉離れが発覚し た)

 そのため、翌29日に行なわれた4×100mリレー予選は、山縣が「無理をしないように」と1走を務め、2走は飯塚翔太、3走はケガで出場辞退の渡邉和 也に代わって、4×400mリレー要員として代表に追加されていた高平慎士が入り、4走は原翔太が務めた。高平はその約2時間後に1600mリレーも走る ハードスケジュールをこなした。

 さらにその2日後の200m決勝も、日本チームにとってはショックな結果だった。翌日の4×100mリレー決勝に集中するためなのか、中国勢は準決勝で 張が22秒74と勝つ気を見せない走りで敗退し、謝震業は故意とも取れるフライングで失格。それなのに日本勢はライバルが少なくなった決勝で、飯塚が20 秒84で4位。原は20秒89で5位という結果に。第6回大会以降11大会連続で獲得していたメダルを逃した。

 そんな危機感に追い打ちをかけたのが、10月2日の夜に行なわれた4×100mリレー決勝だった。

「選手の優先順位は藤光(謙司)だったが、彼が4×400mリレーの核にならなければ勝てない。それでアクシデントで動揺もある4×100mリレーは、経験と実績のある高平を精神的な主柱として3走に起用した」と伊東部長は言う。

 だが謝と蘇と張を2、3、4走に置いた中国は、4走の張にバトンが渡った時点で3mほど日本をリード。張がスピードに乗り、日本が長年狙ってきた37秒台(37秒99)でアジア新記録を樹立。日本は苦しみながらも38秒49で2位と健闘したが、予想以上の完敗だった。

 山縣は、「レース前から中国のリレーに懸ける気持ちが伝わってきた。今後は僕が柱にならなければいけないし、もっと気持ちを引き締めてやらないとアジア でも勝てなくなる」と話す。また高瀬も、「自分たちが37秒台を出せるコンディションに持っていけなかったのは悔しいが、個人的にはこの状態でもリレーを 走れたことは、今後の自分の中で大きな強みになると思う。チームとしてはこれでもう37秒台を出さなければアジアで勝てないことが分かったし、来年の世界 選手権でメダルに絡む争いをするためにも、この負けで悔しさを味わったのは重要」と振り返った。

 伊東部長は選手たちに、「レースを2〜3本走っただけで壊れているようではダメ。国内での春先の競技会ばかりを頭に置くのではなく、海外を経験して世界 の状況を正確に捉えながら大きな大会にピークを持っていくことの必要性を知り、選手たちには成長してもらいたい」と要求する。

 その一方で、大きな収穫もあった。それは5月の世界リレー選手権では8位以内に入れず、来年の世界選手権の出場権を獲得できていない4×400mリレーが、強敵のサウジアラビアを破って4大会ぶりの優勝を果たしたことだ。

 原動力になったのが、1走を務めた400mのエース・金丸祐三に続いて、2走と3走を務めた藤光と飯塚だった。ともに200mが専門の選手。伊東部長は メンバー4人を指定し、それぞれの選手が自分たちの役割を明確にするためにと、選手自身にオーダーを決めさせた。それで金丸の1走から先行逃げ切り策をと り、藤光は44秒6、飯塚は45秒6のベストラップでつないで、4走の加藤修也につないだ。その時点で2位に3秒26差をつけるほどの完勝だった。

 伊東部長は以前から「僕や朝原宣治が記録を伸ばしたころは100mと200m(の2種目)をやっていた。今の選手にも単種目に絞ることなく複数の種目を やってもらいたい」と話していた。現に今大会2冠のオグノデは前回大会で200mと400mの2冠を獲得していたし、ウサイン・ボルトも200mだけでは なく以前は400mもやっていた選手だ。成長するためには若いうちから複数の種目をやることが必要だ。また、マルチスプリンターが複数いることは、2種目 のリレーのレベルをあげる底力ともなる。

 今回の4×100mリレーでは、37秒台を目標ではなく現実のものにしなければ世界とは戦えないことを実感させられ、選手たちはそのためにも9秒台が必要条件だという意識を持った。また4×400mリレーではマルチスプリンターの威力を再認識できた。

 今回ケガで欠場した桐生は高校時代から100mと200mの2種目をやることは普通だという意識を持っているし、山縣も今年は腰の故障もあって走れな かったが、リオデジャネイロ五輪は100mと200mの2種目で出場したいという目標を持っている。また、高瀬も今大会100mで銅メダルを獲得したが、 来季からは本格的に2種目に挑戦したいと語っている。200mで悔しい思いをした飯塚も、前半を楽に速く走るためには100m挑戦が必要不可欠だというこ とを再認識したと話していた。

 こう話す彼らがたまには400mにも挑戦するようになれば、400mを専門にする選手たちに、自分たちもショートスプリントへの挑戦が必要だという意識を持たせるキッカケになるだろう。

 そんな種目間の風通しを良くするためには、各競技会の日程見直しも必要になってくる。特に日本選手権は近年3日間開催で、選手たちが複数種目への挑戦を 敬遠するようになっている。100mと200m、200mと400mなど複数種目挑戦が普通の意識でできるような日程になれば、状況も少しずつ変わってく るはずだ。そんな試みこそが短距離のみならず、トラック&フィールドの底力を向上させる力になる。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi