「フィアット パンダ 4×4」(タスカングリーン)

写真拡大

フィアット クライスラー ジャパンは2014年10月4日、小型ハッチバック「フィアット パンダ」の4輪駆動モデル「パンダ 4×4(フォー バイ フォー)」を340台限定で発売する。全国メーカー希望小売価格は251万6400円。

フィアット車初の衝突被害軽減ブレーキも搭載

初代、2代目の「フィアット パンダ」で人気を博した4輪駆動モデルが、3代目となる現行のパンダとして初めて国内に導入される。スタンダードモデルの「パンダ イージー」と比較して全高が65ミリ高くなっているほか、専用アロイホイール、専用フロント/リアバンパーのアンダーガードを装備する。

4輪駆動モデルは、オンロードではコンパクトカーならではの機動性でスムーズな走りを実現し、オフロードでは悪路でのタイヤの空転を抑制し安定した走行を確保。スイッチで4輪をロックする電子式ディファレンシャルロック(ELD)も装備されている。また、フィアット車として初めて、毎時30キロ未満での走行中に作動する衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」を搭載し、安全性を高めた。

エンジンは、875ccの直列2気筒8バルブ・マルチエア・インタークーラー付きターボ「TwinAir(ツインエア)」を搭載する。6速マニュアルトランスミッションを採用しており、燃費は1リットルあたり15.5キロ(JC08モード)。

ボディーカラーには、専用色「タスカングリーン」(160台)に加え、「アイスホワイト」(120台)、「イタリアンレッド」(60台)の3種類を設定した。