米国初のエボラ患者の容体が悪化し危篤状態、接触者に感染の兆候見られず

ざっくり言うと

  • 米国内では初のエボラ出血熱感染者が、危篤状態になったことがわかった
  • 一方で、患者との接触が指摘された人々には、感染の兆候は見られなかった
  • 3週間後に発症する場合もあり、当局は該当者9人の経過観察を続ける方針

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング