J-REIT(不動産投資信託、以下、Jリート)市場の状況は、好調に推移しているといえる。東証REIT指数は年初からも安定的に切り上げる形で展開し、6月には1600ポイントを超えてきた。Jリートの今後の動向と注目の投資法をアイビー総研の関大介氏が解説する。

 * * *
 今年4月からの8%への消費増税の影響は、今のところJリート市場には特段出ていない。2015年10月には10%に引き上げられる見通しだが、消費増税の影響を最も受けるとすれば、ショッピングモールなどに投資する「商業施設特化型」(商業系)である。商業系は銘柄によっては引き続き、警戒が必要だろう。

 一方、磐石なのがホテルに投資する「ホテル特化型」(ホテル系)。2020年の東京五輪に向けて一番恩恵を受けるのがホテル系であり、景気回復の影響もダイレクトに受けやすい。ホテル系で注目したいのはジャパン・ホテル・リート投資法人。もともと外資系で外国人比率が高い銘柄だが、6万円台で買えるため(9月現在)、個人投資家にも比較的手が出しやすい。

 景気がどちらに振れても底堅い「物流施設特化型」(物流系)も手堅くていいが、現在は利回りが低めの傾向がある。高めの利回りを狙いたいなら、オフィス系や住宅系を物色するほうが向いている。

 銘柄選びが難しいと思う人や、「少額でJリートに投資したい」「時期を分散して買いたい」という人は、東証REIT指数との連動を目指すETF(上場投資信託)に注目してはどうだろう。「東証REIT指数×10倍」の価格で買えるリートのETFも増えており、現在の相場なら1万円台半ばから購入ができる。それぞれ数か月に1回の決算があるため、3銘柄のETFをうまく組み合わせれば「毎月分配」にすることも可能だ。

 ETFに限らず、Jリートに投資しやすい環境は年々整ってきている。個別銘柄では投資口分割の実施で数万〜20万円程度で買える銘柄も増えている。配当金というリターンを期待できるJリートは、少額投資非課税制度(NISA)の恩恵を受けやすい商品でもある。これから投資をしたい人も決して出遅れではなく、買いのタイミングをとらえて仕込んでいくといいだろう。

 Jリート市場は政府や日銀の政策の効果を受けやすい。もし景気がよくなければ、追加金融緩和として日銀がJリートの買い入れ枠を広げる可能性もあり、そうすると相場も上昇する。

 総じてみれば、東証REIT指数は年末まで1600ポイント前後で推移していくことが考えられる。途中、1700ポイントに達することも十分に考えられ、年内は1500〜1750ポイントのレンジで動くと予想する。現在保有している人も、急落したからといって慌てて売る必要はないだろう。むしろ、一時的な急落は買いのチャンスといえる。

※マネーポスト2014年秋号