<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇4日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 今季のメジャー第2戦目「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を制し、宮里藍が持っていた同大会の最年少優勝記録を更新した鈴木愛。一躍、女子ゴルフ界のニューヒロインとなった鈴木がこのナショナルオープンでも再び快挙を達成しそうだ。
鈴木愛の3日目のプレーをフォトギャラリーで振り返る!
 女子ゴルファー日本一を決める「日本女子オープンゴルフ選手権」の3日目。首位と1打差の3位タイから出た鈴木は前半はなかなかバーディチャンスにつけることができず、8番でボギーが先行。スコアを1つ落として折り返すと11番で190ヤードのセカンドショットを1メートルにつけこの日初めてのバーディを奪取する。
 このバーディで覚醒した鈴木は、14番からは怒涛の3連続バーディを奪取し一気にスコアを伸ばす。難関の17番パー3ではティショットでグリーンを外しボギーとしてしまうも、これで「18番は絶対にバーディを獲ってやろう」と逆に闘志に火がつく。すると最終18番フェアウェイからのセカンドを2メートルのバーディチャンスにつけるとこれをしっかり沈め何度もガッツポーズ。この日気迫のこもったプレーで3つスコアを伸ばした鈴木、トータル8アンダーでウェイ・ユンジェ(台湾)と並び首位タイに立った。
 もし、この大会を獲れば同一年度日本タイトル獲得となり、これは77年の樋口久子以来となる史上2人目の快挙。そして宮里藍が持つ21歳83日でのメジャー2勝達成年少記録を20歳149日で更新することになる。
 9月の日本女子プロの時よりは不安もなく「楽しく回れている」という鈴木。今週は疲労による足の痛みがあり、体調は万全ではない。しかし、メジャー初制覇の時と同じくコーチの南秀樹氏によるきめ細かいスイングチェック、そしてプレー中は相棒のプロキャディ高見明弥氏が鈴木をしっかりと支えている。
 水曜日に南氏と合流し、ショットの切れ味を取り戻した鈴木。南氏によればスイングがおかしくなっても「ゲームの中で修正できる」のが鈴木の強み。この日のように前半では距離感が合わなくても、後半に持ち直せるだけの修正能力を持っている。
 南氏から記録について聞かされ、檄を飛ばされたが「まだ優勝は考えてないです」と本人はいたって冷静。明日は台風の影響などにより天候が荒れることが予想され、風が強かったこの日よりもタフなコンディションになる可能性が高い。その中で再びの快挙達成となるか。韓国の強豪、申ジエらも2打差につけており明日は片時も目が離せない展開となりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
女子プロたちの秘蔵写真は必見「写真館」