アジア大会表彰式直後、吉田沙保里を囲む大勢のカメラマン

写真拡大

 韓国の仁川で開催されているアジア大会が閉幕する。多くの日本選手が活躍したが、女子レスリングの吉田沙保里が大会4連覇した姿はもっとも印象に残る金メダルのひとつだろう。しかし、いつも圧倒的な差で勝ち上がるのに対し、今回は初戦でリードされギリギリの逆転勝利だったことに冷やりとさせられもした。霊長類最強女子と呼ばれ、世界15連覇をとげた吉田が負ける日は来るのだろうか。これまでより可能性は高くなっているといわざるをえない。

 吉田沙保里が日本代表として世界で活躍を始めたのは2002年の世界選手権からだ。19歳だった吉田のタックルは、百発百中といってよい得点源だった。しかしキャリアが長くなるにつれ「向こう(対戦相手)も研究してくる」(吉田)ため、最近では得意の間合いをとりづらくなっている。

 吉田のタックルの予備動作は小さいが、やはり相手とある程度の距離があるほうがスピードが出やすい。そのため吉田から積極的に組みあう場面は少なかったが、近年ではタックルが一回でも少なくなるようにと相手が密着してくることが増えた。その結果、吉田の側にも変化があらわれている。以前より、試合でケガをすることが増えたのだ。アジア大会前に出場した世界選手権でも、試合中に肩を肉離れしている。

 組み技格闘技の選手が、相手と組みあうことでケガをするのは宿命で避けられない。大小さまざまなケガと付き合いながら、練習を続けるのが選手生活だ。だが、ケガはベテランになるほど影響が大きい。若い頃に比べて治療と回復に時間がかかり、後遺症も残りやすいからだ。だが、対戦相手は若くなる一方だ。

 初めて女子レスリングが五輪の公式種目となった2004年のアテネ五輪から約十年、常に20歳前後の選手を入れ替わり代表にする中国を除いて、世界を見渡しても女子トップ選手の入れ替わりは少なかった。ところが、一昨年のロンドン五輪を最後に現役引退する選手が相次ぎ、今では出場選手のなかで吉田が最年長になるのが当たり前になっている。

 そして、ケガにもつながる話だが、気持ちの切り替えが早く、ケガが少ないと言われていた吉田でも、試合へ向けたコンディショニングに時間がかかるようになった。

 アジア大会では、ウズベキスタンでの世界選手権の試合からわずか15日で計量日を迎えた。減量と試合によるダメージから回復するのに十分な時間とは言えない。吉田より一日前にアジア大会で金メダルを獲得した48?級の登坂絵莉も、世界選手権から間をおかず2度の減量をしたので「しんどかったぁ」と表彰式後に漏らしている。実際に、登坂も試合中に足もとがふわりとする場面が何度かあった。

 21歳の登坂にとって厳しいのに、31歳の吉田に堪えぬはずがない。愚痴をこぼさず、屈託ない笑顔を浮かべる表彰台での姿からは想像しづらいが、かなりの負担になっていたはずだ。しかもアジア大会は世界選手権の53?級ではなく55?級で変則的に実施された。8月には「(アジア大会は)減量しないですむから、きっと楽」と笑っていた吉田だが、現実には53?級でも体重が足りないほどの状況で計量を迎えていた。

 厳しい条件で挑んだアジア大会での吉田は、常に相手よりも細く小さく見えた。

 外国選手に「負けない」ことで知られる吉田だが、2008年にアメリカ、2012年にはロシアの選手に敗れている。その2試合の共通点は、相手のほうが2キロ以上重い状態だったことだ。

 階級ごとに試合をするレスリングだが、団体戦であるワールドカップでは2キロオーバーの計量方法がとられている。つまり、決められた体重より2キロ重いままで計量をパスできる。減量の幅が大きな選手は余裕をもって試合に挑み、吉田のようにふだんから体が階級ギリギリの体重しかない選手は、他の出場選手より一回り小さな体で試合をすることになる。

 アジア大会での吉田は、悪条件が重なったことにより過去に苦杯をなめた試合のコンディションに近かった。そのうえ、中国の選手は背が高くて筋力に秀でた体が大きな選手が多く、今回の対戦相手も同じタイプだ。悪条件の重なり具合は、過去に敗れた2試合の状態に似ていた。

 リオデジャネイロ五輪まで、あと2年。10年以上、世界の頂点であり続ける吉田に対する研究は重ねられているが、弱点の在り方は明確だ。みずから目標と公言する五輪4連覇へ向けて、「チャンピオンなのに、誰よりもしっかり自分を追い込む」(栄和人監督)練習を重ね、慎重で万全の準備が整えられる材料が今回の苦戦でそろったと言えそうだ。

文■横森綾(ジャーナリスト)