AKB48とマサイ族が「恋チュン」ダンスでコラボした

写真拡大

政府機関やNGOなどが参加する国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN」が2014年10月4日、東京・日比谷公園で開幕した。

開会イベントでは、AKB48が開会宣言を行い、アフリカのマサイ族の男性3人も登場。今回来日したマサイ族は身長が約220センチもあり、身長148.5センチの高橋みなみさん(23)は「すげぇ〜」と目を丸くしていた。

国際機関、大使館、NGOなどが約350のブースを出展

イベントが開かれるのは24回目。14年は日本が政府開発援助(ODA)を開始して60周年となることから、外務省は「国際協力60周年」と位置づけてPRに力を入れている。すでにマサイ族の暮らしについてトークセッションが開かれたほか、元サッカー日本代表の北澤豪さんや歌手の倉木麻衣さんが参加して、国際協力に関するトークイベントも予定されている。会場には、国際機関、大使館、NGOなどが約350のブースを出展。世界各国の珍しい料理やグッズも売り出される。

会期は10月5日までの2日間で、10万人の来場を見込む。

まゆゆ、「『心のプラカード』なかなか浸透しないから、あきらめてるんですけど...」

ミニライブでは、米国生まれの平田梨奈さん(16)をセンターポジションに、代表曲「大声ダイヤモンド」を英語で歌うなど、国際色が強調された。ライブの「締め」は、「恋するフォーチュンクッキー」。おにぎりを握るような振り付けが特徴的で「誰でも踊れる」ことで知られ、渡辺麻友さん(20)が曲紹介で、

「この曲は、もう皆さんも踊れる方も多いのではないでしょうか。(自分がセンターポジションを務め、コンセプトが「恋チュン」と似ている)『心のプラカード』より踊れる人がいっぱいいる、あの曲ですね...。なかなか浸透しないから、もうあきらめてるんですけど...」

と自虐的になる一幕も。高橋さんは、

「あきらめたらそこで試合終了だよ!!」

などと必死でフォローしていた。マサイ族男性も「恋チュン」ダンスを披露し、会場を沸かせていた。

なお、このイベントには、「恋チュン」でセンターだった指原莉乃さん(21)は出席していない。