「中国の起業数は世界一になる」マイクロソフトのアクセラレーターが予測

写真拡大

Microsoft Venturesの事業パートナーであるラフル・スッドは、イスタンブールで開催されたイヴェントで、各国の起業風土について語り、中国の「バブル」的状況を紹介した。

「「中国の起業数は世界一になる」マイクロソフトのアクセラレーターが予測」の写真・リンク付きの記事はこちら

ラフル・スッド | RAHUL SOOD
1973年カナダ生まれの41歳。91年にゲーム用PCメーカー「VoodooPC」を創業。VoodooPCがHPに買収されたタイミングで、同社のチーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)に就任。その後、2010年にマイクロソフトに転職し、現在はヴェンチャー支援事業「Microsoft Ventures」のパートナーを務める。PHOTO BY WIKIPEDIA

「世間の人は、米国は第1位で、イスラエルは第2位、その次が中国だと言う。だが、あと2〜3年もすれば、第1位は中国となり、ほかの2国はその他大勢になるだろう」――マイクロソフトのヴェンチャー支援事業「Microsoft Ventures」のパートナー、ラフル・スッドは、「Startup Istanbul」の聴衆に向かってこう語った(Startup Istanbulは、9月27日から30日にトルコのイスタンブールで開催されたイヴェントで、40カ国から100以上のスタートアップ企業が参加した)。

スッド氏は、自身が創設したVoodoo PC社で成功を収め、それをヒューレット・パッカード(HP)に売却した後、アクセラレーター(ヴェンチャーの成長を加速させる仕掛けを提供する人物や組織)兼資金調達役としてマイクロソフトに加わった。現在は起業家として、そしてエンジェル投資家として、マイクロソフトが世界中で展開するアクセラレーター・プログラムに参加している(Microsoft Venturesは現在、ロンドン、パリ、ベルリン、北京、バンガロール、テルアビブという6拠点でアクセラレーター・プログラムを展開している)。

いま中国で起こっているイグジット(EXIT)は驚異的で、ビジネス界にいる誰もが見慣れているレヴェルを超えている、とスッド氏は言う。「ほとんどの人が理解していない。たぶん実際に中国に出かけない限りわからないだろう」

中国には、1,300ものアクセラレーターやインキュベーターがいて、スッド氏は同国のエコシステムを「狂気に満ちたバブル」と呼んでいる。スッド氏は数週間前、起業家の売り込みをたった1分聞いただけで、投資家がその場でタームシート(契約合意に向けた条件規定書)を書いたところを目撃した、と語った。

「その投資家は、同社の株式8%と引き替えに100万ドルを提供すると言った」とスッド氏。「わたしは聴衆としてその場にいたのだが、壇上で売り込みしていた男がフロアまでやってきて、あっという間にその場で小切手が書かれた。彼が会社を興してからまだ40日しか経っていないのに」

スッド氏は、ロンドンについても述べた。国際的なプレゼンスや投資家ネットワーク、政府による支援などによって、「ヨーロッパのシリコンヴァレー」になりつつあるこの都市は、女性起業家が多いことも特色だという。

一方、スッド氏によると、人口800万人に満たないイスラエルがスタートアップの世界で驚くべき成功を収めたのは、ローカルだけにとどまらず、グローバルな問題へのソリューションに向かおうとする力があるからだいう。「それはメンタリティの問題だ。彼らはリスクテイカーなのだ」

逆に、巨大な人口を持つインドについては、もっと進んでリスクに挑む姿勢が必要だ、とスッド氏は言う。それは、現在の同国の教育制度や政府、親が支援していないものだという。

※「Startup Istanbul」では、匿名チャットサーヴィスを提供するトルコのConnected2Me社に「Challenge」賞が贈られたほか、イランの電子ウォレット企業Zarinpalや、ヨルダンの写真サイト「Silkroad」などが受賞した

TAG

ChinaStartupVentureCapitalWiredUK