栩内香澄美被告、ASKA被告との生々しい主張で無罪を導けるのか?

ざっくり言うと

  • ASKAの愛人である栩内香澄美被告の第3回公判が2日、開かれた
  • 陽性反応が出た尿の鑑定結果に関し「ASKAの精液が混入した」と主張してきた
  • 専門家によると、同様の事例で無罪にひっくり返ることはほとんどないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング