中国では10月1日の国慶節(建国記念日)が迫ったことから、中華人民教唆国発足前後の事情や国旗にまつわるエピソードの報道が増えている。中国青年報は、天安門広場に毎日掲げられる国旗のエピソードを紹介。特に、これまでに「半旗」が掲げられた状況を説明した。半旗が掲げられたのはこれまでに50回で、外国の首脳の死去を哀悼する目的だったのは17回という。サーチナ

ヒトラーら歴史的偉人に学ぶ「悪の出世学」とは…性に対して積極的に?

ざっくり言うと

  • 独裁者たちの出世を描いた本「悪の出世学」の内容を紹介している
  • 毛沢東は女性好きを公言していたことで、出世競争にマイナスに響かなかった
  • スターリンも多くの愛人がおり、性の積極性は出世の一端を担っているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング