未知の惑星を描くSF映画『インターステラー』最新予告編

写真拡大

クリストファー・ノーラン監督の新作SF映画『インターステラー』。未知の惑星での探険の一端がわかる最新予告編が公開された。

クリストファー・ノーラン監督の新作SF映画『インターステラー(日本語版記事)』については、これ以上の予告編を見たくないと思う人も多いだろう。たしかにこの映画は、事前のミステリーや謎が蓄積していって、映画館で実際に見るときには早く内容が知りたくてたまらなくなっているような状態で見るべき種類の映画だ。

「未知の惑星を描くSF映画『インターステラー』最新予告編」の写真・リンク付きの記事はこちら

しかし、10月1日付けでウェブ上で公開された最新の予告編は、見る価値がある。

予告編第1弾は、昨年公開されたが、かなり漠然としていた。基本的には、セリフのない最大2秒間の映像が次々と流れるだけだった。ニュース動画の抜粋、人間性、歴史、宇宙、地球、生活、死、トウモロコシ、トラックの中で泣くマシュー・マコノヒー、野原から打ち上げられるロケットといった具合だ。

各シーンが十分長い予告編第2弾では、主人公(マコノヒー)とその家族が登場し、地球ではもう生活できないという物語の設定を知らされた。これがなかなかよくて、1分ほど泣かされた。食糧が尽きかけており、人類を救うためには宇宙に目を向けなければならないということもわかった。

第3弾の予告編では、物語の舞台が地球と宇宙の半々に分かれ、宇宙でのシーンがたくさんあることがわかった。

そして今回、この新しい予告編が公開されたわけだが、今度の予告編は、ほとんどが宇宙でのシーンだ! しかもドキドキするような宇宙だ。人類が初めて到達した惑星で、向こうに見えるのは山なのか? いや、どうも、信じられないほど巨大な波らしい!

米国では11月7日に公開される(日本公開は11月22日)。まるでクリスマスプレゼントのように待ち遠しい。

TAG

InterstellarMovieSFSpaceSpace ExplorationVideo