そこまでする!? 「ケチすぎる男性」にドン引きした瞬間

写真拡大

倹約は美徳ですよね。ですが、他人のために一切お金を使わない性格もどうかと思いませんか? 今回はデートや飲み会代などの支払いについて、働く女性がケチケチしすぎの男性に引いてしまったエピソードをご紹介します。

■1円単位で割り勘する

・「ガソリンスタンドで1円単位の割り勘……」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「3対3の合コンの二次会で、きっちり6等分して1円単位で請求してきたとき。一次会ではもともと端数がでない会計だったので引いた」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「1円単位での割り勘。私が多めに出して『お釣りはいらない』と言うと喜ぶところ」(26歳/医療・福祉/専門職)

ドン引きすることとして、1円単位の割り勘はよく聞きますが、ある程度収入のある大人なのに細かかったら、そこまでする!? と心の中で叫んでしまいそうです。

■向こうから誘ってきたのに!

・「『今日はおごるから好きなもの食べて!』と言いながら、おごってもらったことは一度もない。レジ前で割り勘」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「どうしても一緒に食事がしたいと誘ってきたので行ったら、安いチェーン店の居酒屋だったうえに割り勘だった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ちょっとあいた時間があったので、『お茶しに行こう』と誘われた。誘ってきたくせに、100〜200円程度のファストフードのカウンターで、『お会計別々で』と言われた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

誘ってきたからせっかく行ったのに、これはガッカリです。小額ならさらっと払ってくれたらいいのにって思ってしまいますね。

■ごまかしたり、ねぎったり……

・「みんなに多く出させておいて、小銭を全部黙って持って行った同期」(30歳/金融・証券/専門職)

・「回転寿司で会計のときに、皿の枚数をごまかそうとした」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「お店でごねて値切る。恥ずかしかった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

しつこい値切り交渉も恥ずかしいですが、ごまかして得しようという、ちっちゃい考えの男性は人格を疑ってしまうかも。

■年上なのに割り勘

・「上司なのに、二次会のときのお金を10円単位でキッチリ割り勘」(32歳/情報・IT/技術職)

・「7歳も年上なのに、割り勘」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「学生時代に社会人の方とUSJデートをしたら、パスはもちろんのこと、ランチまで割り勘だった」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

年上ならきっと相手の収入のほうが多いと思いますよね。それなのに同額の支払いって……。残念ですよね。

ケチケチしすぎな男性について見てきました。いかがですか? ケチケチしていると貯金はしているかもしれませんが、他人のためにお金を出す気がない人からは気持ちを感じにくいかもしれませんね。そんな男性と一緒に飲んだりデートをしても、いちいちガッカリしてしまいそうです。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数286件(22歳〜34歳の働く女性)