宮里美香、首位と1打差で決勝Rへ進出!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本女子オープンゴルフ選手権 2日目◇3日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー「日本女子オープンゴルフ選手権」の2日目。宮里美香は首位と2打差の5位タイからスタート。この日はスコアを1つ伸ばし首位を走る菊地絵理香、有村智恵と1打差の3位タイにつけた。

 連覇を狙う宮里が好位置で決勝ラウンド進出を決めた。この日はインコースからスタート。出だし10番パー5でバーディを奪い幸先の良いスタートを切るが、そこからはピンチの連続。しかし、昨日に引き続きショートゲームが好調でパーを拾い続け、16番パー5では2つの目のバーディを奪取。後半はイーブンパーにまとめ、この日は2バーディ・ノーボギーの“70”でラウンド。「疲れましたね〜」とラウンド後はぐったりした表情を見せたが、粘りのプレーで見事上位をキープした。
 前半は「インパクトの時に緩んで右に」と曲がりに苦しんだ宮里。昨日はドライバーが右に、この日はアイアンも右に行きがちだったが「良くカバーできました。アプローチに助けられた昨日と今日ですね」と笑顔。同組でラウンドした鈴木愛も「グリーン周りが上手。ボギーを打たないのでショートゲームを勉強させてもらった」と宮里の技術の高さを賞賛していた。
 この2日間でボギーはわずかに1つと好調な宮里。しかし、「決勝ラウンドもボギー無しにしたいけど、女子オープンはそう簡単にさせてくれないので。自分のゴルフに徹して、ボギーにしても切り替えて次のホールへと。小さいことが大事になる」と気を引き締めていた。
 これまでこのナショナルオープンを連覇したのは樋口久子ただ一人。明日も粘りに粘って史上2人目の快挙に前進できるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
毎週更新!女子プロの特選フォトが満載「写真館」