写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月28日より東京・上野の森美術館にて開催される企画展「進撃の巨人展」に先がけ、10月6日より一週間限定で都営大江戸線六本木駅ホームにて同展のデジタルサイネージ広告が掲出される。

デジタルサイネージ広告のビジュアルは、漫画誌『別冊少年マガジン』(講談社)で諫山創氏が連載中の漫画『進撃の巨人』に登場する巨人たちの"食事中"シーンだが、「※自主規制中」と書かれているとおり、劇中とは異なるハンバーガーやピザ、ホットドックなどへ大胆な画像処理が施されている。展開されるビジュアルは全4種類。

作品の世界観を存分に体感できる「進撃の巨人展」は、好評につきすでに開催初日のチケットは完売。同展が初の展示となる諫山氏の生原画や特別描き下ろし原画の公開はもちろん、1分の1リアルスケールでを立体造形化された「超大型巨人」も見どころ。そのほか、アニメ声優陣録り下ろしによる音声ガイド(エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジ)やバーチャルに兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できる「Oculus Rift」による360度の3Dシアター、さらには作品への世界へ誘う全身体感型オープニングシアター「上野、陥落の日」などが用意されている。

会期は11月28日〜2015年1月25日で、11月28日、29日、30日は先行公開日。約二カ月にわたる会期のうち12月1日〜31日が前期日程、2015年1月1日〜25日が後期日程となる。詳細は公式サイトまで。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会