渋谷・スクランブル交差点に掲載中の初音ミク/「SONICWIRE」ブログより

写真拡大

10月12日(日)から1ヶ月間にわたって、様々な音楽イベントが各所で行われる「RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014」が開催される。

10月1日(水)より、東京都内で本企画の哲学を伝えるキャンペーンが実施中で、そこに、あのボーカロイドの初音ミクが参加していることがわかった。

渋谷のスクランブル交差点には、いつもより大人でアーティスティックな姿の初音ミクの看板を展示。初音ミク自身の言葉として、「気まぐれに作った歌も、魂を込めて作りこんだ曲も、私の中を通り過ぎるデータはすべてが等しく愛しい。」という鮮烈なコメントが残されている。

Red Bull Music Academy Tokyo 2014 Quote - 初音ミク / Hatsune Miku




初音ミクはイベントにも出演


「1UP: Cart Diggers LIVE」/公式Webサイトより

「1UP: Cart Diggers LIVE」/公式Webサイトより



「RED BULL MUSIC ACADEMY」は、若いアーティストを支援する音楽学校。これまでニューヨークやロンドンなど、世界各国で音楽やワークショップイベントなどを開いてきた。

そんな「RED BULL MUSIC ACADEMY」が今回アジア初上陸。10月12日から11月14日(金)までの1ヶ月間、渋谷や恵比寿、代官山などの様々な会場でイベントが行われる。

初音ミクは、本企画の一環として、11月13日(木)に渋谷・WOMBで開催されるゲーム音楽の歴史を探るドキュメンタリー番組「ディギン・イン・ザ・カーツ」の世界観をリアルに体感できるイベント「1UP: Cart Diggers Live」に出演する。

初音ミクは、首藤陽太郎さんとNOEL-KITさんからなる音楽ユニット・DUB-Russellと共演。コラボ企画の映像システムなどを鋭意制作中のようだ。