「ルーテシア ルノー・スポール モナコGP」

写真拡大

ルノー・ジャポンは2014年9月29日、「ルーテシア ルノー・スポール」にF1「モナコGP」の名称を冠した限定車「ルーテシア ルノー・スポール モナコGP」を50台限定で発売した。メーカー希望小売価格は338万円。

ラグジュアリーでレーシーなイメージを取り入れた

「ルーテシア ルノー・スポール」は、最高出力200馬力を発生する1.6リッター直噴ターボエンジンや、6速エフィシエントデュアルクラッチトランスミッションなどを採用し、走行性能を高めたモデル。同限定車では、ハードなセッティングの「シャシーカップ」グレードをベースに、モナコGPのラグジュアリーでレーシーなイメージを取り入れた。

ボディーカラーは、深みのあるメタリックホワイトの専用色「ブラン ナクレM」。エクステリアには、ラグジュアリーな印象を醸し出すグロスブラック塗装を施したF1タイプブラックエアインテークブレード、ブラックリアエアディフューザー、モナコGP限定車専用バッヂ付きブラックフィニッシャー付きサイドモールなどを装備した。インテリアには、モナコGP専用ロゴ入りキッキングプレート、グレーメタリックフィニッシャーに加え、シートヒーターを内蔵した「R.S.」ロゴ入りスポーツレザーシートを取り入れ、ラグジュアリー感を高めている。