アジア最大のフォト・フェア「TOKYO PHOTO 2014」開催、蜷川実花ら参加

写真拡大

2014年10月3日(金)から10月6日(月)まで、アジア最大のフォト・フェア、「TOKYO PHOTO 2014」が開催される。会場は東京駅近くの東京ビルTOKIA。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「TOKYO PHOTO」は、ニューヨークやパリなど、世界の最前線と連動する写真市場を日本国内に創出するために、2009年に発足。過去5回の開催を通して、国内外有数のアートギャラリーが集まるフォト・フェアへと成長した。6回目の開催となる「TOKYO PHOTO 2014」は、文化庁支援による2つの企画展も開催。

1つ目は、「日本の写真ってなんですか?」展。歴代の日本の写真家・アーティスト30名をフィーチャーする写真展を企画し、世界的にも評価の高い日本の写真を展示する。2つ目は「国際メディア・フォト」エキシビション。ここでは国内外の著名な紙媒体から、優れた雑誌掲載写真を集める。これまでは他に発表の機会を持たなかった雑誌掲載写真を、アートとして楽しむことができる。

もちろん多くのギャラリーが集まるエキシビジョンも魅力的。蜷川実花ら、有名写真家の写真は一見の価値あり。会場では写真作品を鑑賞するだけでなく、購入することもできるので、この機会を逃さないで。

【イベント情報】
第6回 TOKYO PHOTO 2014
日時:2014年10月3日(金)〜10月6日(月) 12:00〜19:00 ※初日のみ18:00まで。
会場:東京ビルTOKIA
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3
料金:一般 1,300円、学生 1,100円(前売り 1,000円) ※初日のみ学生の当日券 600円