MMOゲーム対応、レゴミニフィギュアの新シリーズ発売

写真拡大

レゴミニフィギュアの新シリーズが発売される。関連MMOゲーム「Lego Minifigures Online」に対応し、購入したキャラクターでプレイできる。

「MMOゲーム対応、レゴミニフィギュアの新シリーズ発売」の写真・リンク付きの記事はこちら

レゴミニフィギュアの最新の波が10月1日(現地時間)に押し寄せる。

風変わりで素晴らしい新キャラクターが数多く登場する、コレクター向きであるこのブラインドバッグ(中身の見えない袋で販売される)シリーズは、これまでグレードアップを重ねてきたが、今回発売されるシリーズ12は、レゴミニフィギュアをモチーフにした多人数参加型オンラインゲーム「Lego Minifigures Online」と互換性がある。

レゴ社の工場に潜入! 本誌VOL.10転載記事:レゴが最近おもしろいのはいったいなんでなの?

Lego Minifigures Onlineは、Funcomが開発したゲームで、無料でプレイできる。各フィギュアに記載されたコードを使えば、そのキャラクターでLego Minifigures Onlineをプレイできる仕組みだ。

Lego Minifigures Onlineは、ミニフィギュアを使ってプレイできる点では、「Skylanders」シリーズや「Disney INFINITY(ディズニーインフィニティ)」と同じジャンルのゲームだ。現実世界のミニフィギュアによって、仮想世界でのゲームプレイにボーナスが与えられる。

ただし、SkylandersシリーズやDisney INFINITYの場合は、任天堂が発売予定のキャラクターフィギュア「amiibo(アミーボ)」と同様に、玩具に組み込まれたNFCチップを利用して、それぞれのゲームにキャラクターを登場させることができる。そして、それに加えてオンライン機能用のコードもある。レゴミニフィギュアのほうは、NFC技術が搭載されていない反面、価格は2ポンド(350円)なので、バランスがとれている。

シリーズ12には、女性キャラクターが多いという点で、多様性に配慮している。ステレオタイプ的な「女の子らしい」妖精の王女もいるが、ランプの魔神ジーニーの女性版や、戦士のような女神、灰色の恐竜使いといった一風変わった女性キャラたちがいる。

日本ではトイザラスヨドバシカメラなどで販売中。

TAG

FunGameLEGOPlayWiredUK