写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天リサーチはこのほど、首都圏および京阪神エリアに在住する20歳〜69歳の男性1,000人を対象に行った「ダイエットに関するインターネット調査」の結果を明らかにした。調査期間は9月4日〜6日。

体形について自己診断をしてもらったところ、過半数が「太っている」と回答した。年代別に見ると、20歳代では「太っている」の割合が最も低く、3割台にとどまっている。ダイエットをしたことがあるか尋ねたところ、24.6%が現在ダイエットしていると回答した。ダイエットの経験があるが、現在行っていない者や、ダイエット中止者を合わせると、ダイエット経験者は約半数だった。

年代別にみると、40歳代以降では年代が上がるほどダイエットの経験率も現在実施率も下がる傾向である。また、30歳代ではダイエット経験者の割合が約6割で、ダイエットのアクティブ層であることがわかった。

ダイエット経験者および今後意向者にダイエットするきっかけを聞くと、「健康状態を改善するため」「体型/体の見た目をもっと良くするため」など、健康や体形の見た目に関する項目が上位となった。年代別にみると、50歳代、60歳代では健康関連の項目が他の年代より高いが、20歳代、30歳代では体形・見た目関連の項目が上位を占めている。

また、20歳代では「女性に"かっこいい"と思われたいから」が2割以上にのぼり、異性による評価がダイエットのモチベーションの一つとなっているようだ。

ダイエット方法は、食事と運動関連の割合が多く、補助食品(サプリメントなど)やダイエットサービス(ジム、ダイエットサロンなど)を利用する割合が低い。

年代別にみると、20歳代、30歳代では「筋力トレーニングする」、「ジョギング・ランニングをする」、「スポーツジム、フィットネスクラブに通う」割合が他の年代より多いが、60歳代では「ウォーキングする」、「日常生活の中で、運動量を増やす/なるべく体を動かす」、「バランスの良い食事を取る」など、日常生活の習慣や食生活の改善関連の項目が比較的多い。

ダイエットにかけてもよい月額について聞くと、全体では55.0%がダイエットにお金をかけたくないと回答した。ダイエットにかけてもいい平均月額は2,338円で、年代別で見ると、40歳代では平均月額が2,000円未満で他の年代より低かった。

(フォルサ)