「缶詰が更に旨くなる魔法のオイル」

写真拡大

食品製造会社、味源(香川県まんのう町)は2014年10月2日、「缶詰が更に旨くなる魔法のオイル」を発売した。

隠し味はオレガノ

2011年3月11日に起きた東日本大震災以降、保存食として缶詰が見直されるようになり、その一方で、最近では食事として楽しむための「缶詰バー」が登場したり高級缶詰が店頭に並ぶようになっている。

これらのことをうけて味源では、缶詰を本格的なヨーロピアンテイストに変えるオイルを開発。同社はこれまで「〜が更に旨くなる魔法の〜」シリーズとして「カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉」や「レトルトカレーが更に旨くなる魔法の粉」を展開してきたが、新製品のオイルはその第3弾だ。

スペイン産のエキストラバージンオリーブオイルに、日本の味ともいえる菜種油を配合することで味に深みを加え、隠し味にはオレガノを使用。オレガノの清涼感と香ばしさが缶詰独特のレトルト臭をけし、オイルの旨みをより一層引き立てているという。

サバ、サンマなど魚の缶詰だけでなく、ホタテなどの貝類、鶏肉の炭火焼きの缶詰など幅広い缶詰にもおいしく食べられるような味わいに仕上がっている。なお、フルーツの缶詰には向かないという。

価格は350円。