<日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日◇2日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」が開幕。初日はプロ3年目の東浩子が5アンダーをマークし単独首位に。1打差の2位タイは穴井詩、菊地絵理香、鈴木愛の3選手。2打差の5位タイにはアマチュアの永井花奈、連覇を狙う宮里美香らがつけている。
若きメジャー覇者・鈴木愛、ショットが復調し1打差2位タイ発進
 以下に主要選手のコメントを掲載する。
●菊地絵理香(4アンダー2位タイ)
「ラフが全体的に短いのと、グリーンが比較的止まりやすかった。でも奥につけると本当に難しいのでそこを気をつけるのと、ティショットがラフに入るとフライヤーを計算しないといけないので、頭をつかうかな」
(昨年はこの大会1打差2位タイ)
「悔しさはありますけど、何が何でも今年とは思っていないし、現役の間に獲りたいけど今年どうしてもとは思っていない。最終戦のリコーに出たいです」
●穴井詩(4アンダー2位タイ)
「ティショットが曲がらなかったのが大きいですね。先週は荒れたので、今週は立て直すことができて良かったです。今日は欲が出てピンオーバーしてしまったので、明日は徹底して手前を狙いたいです」
●宮里美香(3アンダー5位タイ)
「パッティングが読みが良くて1番からバーディ取れたし、アプローチでも良いサンドセーブがありました。ショートゲームに救われたラウンドで、ティショットがラフに入ってセカンドが狙えない状況でもパーセーブできた。1つのボギーもカップに蹴られてのボギーで悔しいけど全体的には良いゴルフができたと思います」
「ティショットがラフに入ったのは4回ぐらいですかね。修正するポイントは分かっています。私は右にいきやすいので、それが出ました。それさえ修正できれば。明日以降、ティショットですね」
●勝みなみ(3アンダー5位タイ)
「パットが入らず苦しかったですけど、パープレーで回れたことは良かったです」
(お母さんキャディは?)
「少し心配でしたが、1日頑張ってくれました。後でお礼を言いたいです。ボギーの後に気持ちが沈むことがあるんですけど、声をかけてくれるので助かりました」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
女子プロたちの秘蔵写真は必見!「女子プロ写真館」