御嶽山で噴石が時速300キロ弱のスピードで多数降り注いだとみられる

ざっくり言うと

  • 御嶽山噴火で、死亡確認された47人のうち46人が損傷死だったことがわかった
  • 専門家の分析によると、噴石が時速300キロ弱のスピードで降り注いだという
  • 「ヘルメットでも、とても防ぎきれなかったのではないか」とも指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング