武藤俊憲、得意コースで好発進!(撮影:ALBA)

写真拡大

<トップ杯東海クラシック 初日◇2日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>
 愛知県にある三好カントリー倶楽部・西コースにて開幕した国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の初日。武藤俊憲が5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。3アンダーで首位と3打差の5位タイにつけた。
藤本佳則、苦手コースも無欲のゴルフで5位タイ発進
 このINからスタートした武藤は12番パー5で2オンには失敗するもサードショットで1.5メートルにつけバーディを先行させる。さらに同じくパー5の15番でも残り120ヤードサードショットを1メートルにぴたりとつけスコアを伸ばした。
 後半に入ると、1番で5メートルを沈めバーディを再び先行させた。その後は2バーディ・2ボギーでスコアを伸ばせなかったが、3アンダーで初日を終えた。
 武藤曰く「なかなか無い得意コースの1つ」という三好カントリー倶楽部。昨年も3日目に単独首位に立つなど、多くの選手が「難しい」というコースで武藤はスコアを伸ばした。その理由は「縦の距離感が合わないといけなし、いっちゃいけないところもあるけど、そういったメリハリのあるところはイメージしやすくてやりやすい」。
 また師匠の谷口徹や先輩の兼本貴司に教わったというアプローチも難コース攻略の手助け。18番ではセカンドショットを曲げ、左ラフ15ヤードの位置からのアプローチとなったが、教わったアプローチでしっかりピンに寄せ、パーを拾った。
 昨年は最終日に崩れた経験から今年は目の前の一打に集中して戦っていく構え。「多くのバーディパットを打てるように各ショットに神経を注いでいく」。攻めるところは攻め、我慢するところは我慢するといったメリハリをつけ、獲り逃した栄冠を今年は是が非でも獲りにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>