<トップ杯東海クラシック 初日◇2日◇三好カントリー倶楽部・西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」が愛知県にある三好カントリー倶楽部・西コースにて開幕。初日となる今日、藤本佳則が5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド、3アンダーの5位タイで初日を終えた。
ホストプロの上井邦裕、ドライバー不調もノーボギーで単独4位発進!
 大会の舞台となる三好カントリー倶楽部・西コースを「得意じゃない」と公言してはばからない藤本。しかし、この日は常にバーディ先行の安定したゴルフを展開した。インからスタートした藤本は12番でバーディを奪うと、18番でも5メートルを沈めてスコアを2つ伸ばしてフロントナインを折り返す。
 バックナインではいきなり1番、2番と連続バーディ。その後2つボギーを叩くものの、8番のパー3でもバーディを奪ってホールアウト。首位と3打差と好位置につけた。
 藤本がこのコースを苦手というのには理由がある。それは作りが難しいことに加えて、アマチュア時代から何度もこのコースをラウンドし良い印象がないという。「日本アマで回ったときのミスは今でも覚えてる」とラウンドしながら苦い記憶を思い出す。そんな事もあり今大会は「ちょっと諦めていた」。しかし逆にそれが藤本を無欲にさせ、力みを取り今日の好スコアに繋がった。
 また藤本自身「本当に良かった」というパッティングもスコアメイクに貢献。硬く、フェアウェイから打っても止まらないグリーンでロングパットが次々に決まり、ピンに寄せられずチャンスにつけられなくてもバーディを量産していった。
 「本当に苦手なコースだから、あんまり気にしないでください(笑)」とおどける。今季ここまで優勝争いに加わりながらもカップを掲げられていない藤本、無欲の先に好結果が待っているかもしれない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
女子プロの厳選フォトを毎週アップ!「写真館」