9月特集 アジア大会2014の発見!(24)

 アジア大会2連覇のかかった日本は北朝鮮との決勝に臨んだ。今大会のベストメンバーで臨んだが、気迫のこもった北朝鮮を前に1−3で完敗。銀メダルに終わった。

 立ち上がりの北朝鮮の猛攻は予想していた。「プレッシャーが弱まる時間帯がある」(阪口夢穂/日テレ・ベレーザ)まで、ここは耐えなければならなかった。しかし前半14分、フリーキックからキム・ユンミに決められ、今大会初失点を喫する。

 北朝鮮の戦略は非常にシンプルだ。球際を攻め、揺らいだところを奪って、カウンター。北朝鮮の伝統的ともいえるスタイルだ。北朝鮮の目には、日本の左サイドは軟弱と映ったらしい。徹底的に左サイドが狙われた。岩清水梓(日テレ・ベレーザ)らがなんとか体を投げ出してしのぐものの、主導権はすっかり北朝鮮の手に落ちてしまった。それでも、反撃の糸口をつかんでいる選手もいた。宮間あや(湯郷)、阪口の両ボランチ、右サイドの川澄奈穂美(INAC神戸)、有吉佐織(日テレ・ベレーザ)だ。

 有吉は「ナホ(川澄)に入ったときに、相手が全然来ないから、そこは私が上がるのではなく、ナホがクロスなり、シュートなりに入った方が生きる」と判断していた。

 43分にはその有吉のアーリークロスに川澄が頭でコースを変えたが、高瀬愛実(INAC神戸)にはあと一歩届かなかった。が、この速い展開に北朝鮮のDF陣はついてくることができなかった。そこが突きどころだった。先出の選手たちも共通意識として持っていたが、チームが選んだ後半の戦術はタテへの速い攻撃だった。たらればのナンセンスを承知の上で、あと20分、右サイドを軸にした攻撃を見てみたかった。

 後半、巻き返そうと先手を取りに行った日本だったが、逆に今度はDF裏へのロングボール1本でラ・ウンシムに決められて2点目を献上してしまう。宮間のゴールで1点を返すも、残り時間わずかとなった後半42分、日本のセットプレイのクリアボールからカウンターへつなげられて3失点目。あっという間のカウンター攻撃だった。

「ケアしなければいけなかった」と悔やむのは岩清水。しかし、マークの受け渡ししかり、日本の守備には細かい決め事がある。いくら準備をしても、試合をこなさなければ連係を生み出すことはできない。強豪を撃破しながら勝ち進んできた北朝鮮とのコントラストがはっきりと出た守備力だった。

 アジアで負けることが屈辱のように言われることもあるが、完璧な人選をし、戦術を固め、大会中の選手の成長を加えてはじめて手にすることができるのが"タイトル"だ。今大会において、それに値するのが北朝鮮だった。

 2連覇を逃した今、佐々木則夫監督が掲げた若手と中堅の融合は失敗に終わったと言わざるを得ない。初戦の中国戦以降、骨のあるチームとの対戦は決勝の北朝鮮戦のみ。この組み合わせをあえて不幸と言いたい。確かに2連覇という目標は明確でわかりやすい。しかし、本当に指揮官が期待したのは、トーナメントでの若手の成長。しかし残念ながら大きく化ける選手は出てこなかった。

「1対1の勝負には負けない」「クロスの精度には自信がある」「距離感さえ合えば上手く連係できる」――。それぞれ若手にはそれなりの自負があった。今、それらは決勝の戦いで打ち砕かれていることだろう。だからこそ、この悔しさを次に生かさなければならない。

 決勝でフル出場を果たしたFW増矢理花は、前線で北朝鮮の手ごわいCBコンビに張り合い、守備においても前線からプレスをかけ続けた。ボールを受けても囲まれて前を向けない場面がほとんどだったが、果敢にチャレンジし続けることもやめなかった。"このままでは通用しない"という実感は増矢の今後を大きく左右することになるかもしれない。

「パスに意図が感じられないって(阪口)ミズホさんに言われたとき、パス1本で次にどうしてほしいのか伝えなきゃいけないし、2個3個先の共通意識を持たないとダメなんだと思いました」(増矢)

 日本唯一のゴールを決めた宮間は、アシストをした川澄にボールが渡る前に、すでに川澄に声をかけて走り出していた。そこから宮間にボールが配給されたのは増矢の言う"2個先"のことであり、なでしこが再び世界を獲るために目指しているは"3個先"の動きだ。このイメージの共有が"なでしこ"の証とも言える。

 若手の成長を促すことで、思いがけず新たに構築できたのが、宮間―川澄のホットラインだ。昨年まで、宮間と川澄は両サイドハーフとしてピッチ上で互いの動きを視野に入れてはいたが、直接的な連係プレイが頻繁に行なわれる関係性にはなかった。

 今大会では、ボランチの宮間と左右サイドハーフに入った川澄との間にはコミュニケーションと経験を十分に生かしたホットラインが生まれた。これは従来のなでしこジャパンでも見られなかったこと。今大会一番の収穫だ。準決勝のベトナム戦前半で見せた川澄への絶妙なスルーパスを取って、「これまでのなでしこでもあのパスはナホ(川澄)に出してあげられなかった」と宮間は振り返る。

 そして、有吉も吹っ切れたプレイをしたひとり。

「5月のアジアカップが個人的には不甲斐無かったので、もっと上を目指したプレイをしないといけないって思ってました」

 ゲームを読み取り、効果的なビルドアップをするサイドバック。中盤との信頼関係がなくては、前線へ上がってはいけない。今大会では同部屋だった宮間、川澄、有吉の3選手がどれだけ話をしたのか、想像できる厚みを見せた。

 選手の見極めを行なったアジア大会。約20日後には来年のワールドカップ決戦の地・カナダ遠征を控えている。そこにはヨーロッパ組の招集も予定されており、アジアカップ、アジア大会招集組から抜擢されるメンバーが現れれば、新たな競争が芽生える。佐々木監督がどのような人選をするのか注目だ。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko