サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督

写真拡大

 代表メンバーのサプライズには、ふたつの意味がある。ひとつは待望の招集であり、もうひとつは意外な抜擢だ。前者は経験豊富な選手が、後者は国際舞台で実績の少ない若手や中堅が主な対象となる。

 10月10日のジャマイカ戦と14日のブラジル戦に向けたメンバーの入れ替えは、おおむね妥当と言ってだろう。「チームに良い貢献をしている選手、チームの結果に影響されずにパフォーマンスを維持してきた選手」という選考基準に照らしつつ、アギーレ監督はすでに実力を把握できている選手の招集を見送った。

 同時に、4−3−3のシステムで幹になる選手が明らかになりつつある。川島、長友、本田、岡崎らに加えて、水本、森重、細貝らがコアメンバーとなっていきそうだ。復帰した香川も、チームを引っ張っていくひとりにならなければいけない。

 チームの立ち上げでアギーレ監督が印象付けたのは、最終ラインからのロングフィードだった。3トップ中央へボールを当て、攻撃の起点を作ろうとした。皆川の抜擢はそのためで、今回もターゲットマンが名を連ねている。ハーフナー・マイクだ。
ここで、ひとつのテーマが浮上する。パスワークとクロスの使い分けだ。

 ザック指揮下のようにショートパスにこだわると、ハーフナーの高さを眠らせることになる。かといってクロスを連発すると、日本人が得意とするパスワークが封印されてしまう。香川や岡崎の機動力も生きない。
 
 ザックからアギーレへ指揮権が移っても、「相手ゴールにできるだけ近い位置でボールを奪う」のは日本サッカーの生命線だ。ゾーンプレスを提唱した加茂周元監督の時代から、フィジカルの劣勢を補う手段として追い求めてきた世界戦略である。南アフリカW杯は現実路線で臨んだものの、「高い位置でボールを奪い、素早いトランジションで相手ゴールへ迫る」のは、ブラジルW杯が示した現代サッカーの方向性でもある。

 その前提となるのは、選手同士の距離感だ。

 失ったボールにひとり、ふたりと連動して食いつくには、それぞれが近い距離を保っていなければならない。

 しかし、長身選手を生かそうとしてクロスを多用すると、理想的な距離感は保ちにくい。

 攻撃面で日本人の良さが出にくくなるうえに、ディフェンスの機能性も損なわれるのだ。

 現状では4−3−3がチームに馴染んでいないため、ディフェンスでも攻撃でもスムーズさに欠ける。頭で考えるよりも前に、身体が反応するレベルに到達していない。チームの立ち上げから間もないことを考えれば、それも当然なのだが。

 パスサッカーと連動性を強みとするために、ザックは高さを捨てた。アギーレ監督は、どちらもチームに取り込もうとしている。

 それ自体は悪くない。武器は多いほうがいい。しかし、新戦力のテストや戦術的トライに、多くの時間を割いている余裕がないのも事実である。来年1月のアジアカップで優勝を逃すと、17年のコンフェデ杯に出場できなくなる。就任直後であっても、アジア王座は守らなければいけないのだ。