香川真司

写真拡大

ジャマイカ戦、ブラジル戦に臨む日本代表が発表されました。メンバー選考から浮かび上がってくるのは、アギーレ監督の「広さ」と「怖さ」だと思います。
 
Jリーグで結果を出していれば、代表に召集されるというのは、実は大切なことです。海外組だからと優遇されず、どこのリーグでもいいパフォーマンスを出せば青いユニフォームに袖を通すことができる。そんな監督の「広さ」を小林悠の招集が物語っています。

小林とともに僕が押し続けている宇佐美貴史は呼ばれませんでしたが、まだ2回目の選手選考。きっと監督の頭の中には入っている選手だと思います。中盤を含めて攻撃的な選手は多いので、今回は「広い」けれども、数の問題で呼ばなかったのだろう、と解釈しています。

もう1つ見えた「怖さ」とは。アギーレ監督は香川真司を中盤で使うと明言しました。ですが、ウルグアイ戦とベネズエラ戦の中盤は香川の得意な構成ではありませんでした。

中盤を逆三角形とする4-3-3でスタートするものの、中盤の底の森重は、攻撃の際には最終ラインに入って3-4-3となります。残りのMF2人はボランチの位置からカウンターに備えつつ、前に飛び出していました。逆に守備のときは森重が中盤に戻り、森重の前に位置する2人が相手の中盤を厳しく追い回しました。

攻撃力ほど守備能力は高くない香川をこのポジションで使うのか。もしかすると、チームが攻撃態勢になったときだけ香川を使う、オプションとして考えているのではないか。

そんな考えすら出てくるような選考だと思います。もし香川が中盤ではなく、3人のFWの1人として使われるのなら、本田圭佑や岡崎慎司とポジション争いをすることになります。本田や岡崎にしても、うかうかできないでしょう。

また、香川と柴崎岳、本田と武藤嘉紀が今後代表内でのライバルになるかもしれません。国名の若手の台頭で、ヨーロッパで活躍する選手が代表チームでのポジションを奪われるという事態もありうるのです。

ザッケローニ監督時代のような「レギュラー」は今のところ存在していません。まだ立場を確立した選手はいないのです。招集された試合でしっかり結果を出さなければ、次はないかもしれない。そう選手は思っていることでしょう。

もちろんまだアジアカップに向けたテスト段階で、監督も指揮を執って1カ月と少し。いろいろ変化が起きる可能性は十分にあります。ただ、現状は「広さ」と「怖さ」のせいで、これまでにないほど激しいポジション争いになっています。