「フィアット500S」(ブルーイタリー)

写真拡大

フィアット クライスラー ジャパンは2014年9月30日、「フィアット 500(チンクエチェント)」のマニュアルトランスミッション車「500S」の仕様を変更し、新モデルとして発売した。全国メーカー希望小売価格は、変更前と同額の225万7200円。

500S専用ボディーカラー「ブルーイタリー」も

仕様変更の最大の特徴は、フィアット車として初めて「TFTメータークラスター」を採用した点。ドライバー席前に設置されるメータークラスターにTFT液晶パネルが設置され、スピードメーター、レブカウンターなどの基本情報のほか、燃料計、水温計、燃費計、さらにエコ運転を5段階で評価する「エコインジケーター」が表示される。エコノミーモード時には、アクセルコントロールに応じた加減速のエコレベルを示す「アクセルコントロールインジケーター」も現れる。

インテリアはブラックが基調となり、シートにブルーまたはレッドのラインが施された2タイプを設定した。また、ボディーカラーは、これまでのボサノバホワイト、パソドブレレッド、グルーヴメタルグレー、フットルースブルーの4色展開のうち、ブルーが500S専用色「ブルーイタリー」に置き換えられた。