御嶽山噴火 消えた硫黄臭の謎…火山性ガスの濃度が急激に上昇している?

ざっくり言うと

  • 9月27日の噴火から、いまも被害が拡大し捜索活動が難航している御嶽山
  • 一部では「噴火の前に硫黄臭が途絶えていた」という指摘があるという
  • 火山性ガスの濃度が急激上昇したことが要因で、噴火の前兆だった可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング