韓国・仁川で開催中のアジア競技大会だが、その運営には多くの疑問符が付けられており、各国から「国際大会が開けるレベルではない」との指摘があがっている。スポーツ紙記者が語る。

「20日、フェンシングが行なわれた高陽(コヤン)体育館では、弁当が予定時間より2時間半も遅れて到着したため、イラン選手団は食事をとれないまま出場しました。21日には、射撃競技が開かれた玉蓮国際射撃場に配達予定だった弁当からサルモネラ菌が検出された。各国選手団から抗議が殺到しています」

 他にも野球のタイ代表チームが20日の練習中、暗くなっても照明灯が点灯しなかったため、球場側に点灯を要請したところ、「管理担当者が帰ったので」という理由で断わられていたことが明らかになっている。

 台湾メディアは野球の代表チームが「薬物検査のタイミングをズラされて、ウォーミングアップの時間が取れなかった」という問題を報じた。

 極めつきは大会2日目の20日深夜に、メイン会場である仁川競技場の聖火が12分間にわたって消えたことだった。組織委員会は聖火管理室に保管されていた安全ランプの火種で再び点火したが、ここまでくると呆れてものもいえなくなってしまう。

※週刊ポスト2014年10月10日号