写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポーラ化成工業は9月30日、普段、「ママ」「△△ちゃんのお母さん」などファーストネーム(名前)で呼ばれていない女性に対して、初対面の人間がファーストネームで呼びかけたところ、愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が増加すること、ならびにストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が減少することを見出したと発表した。

同成果の詳細は、2014年12月17日から山口県下関市で開催される「ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2014」にて発表される予定だという。

オキシトシンは、出産や母乳の分泌を促進する働きをするホルモンで、近年では、親しい仲でのボディタッチで増加することが確認されており、信頼や愛情、幸福感との関係も注目されている。今回の研究では30代の3歳以上12歳未満の子供が1人以上おり、この1-2年の間、平均的に考え、女性としての自分磨き(スキンケア・メーク・エステ・ファッションなど)を積極的に行っていないと申告した女性19名(平均37.2±2.3歳)を対象に、初対面の人間による15分間のファーストネーム呼びかけを行い、その前後の唾液成分などの分析を行った。その結果、初対面の人間によるファーストネームの呼びかけでも、唾液中オキシトシン濃度が増加する事が判明したという。

また、コルチゾールは、さまざまな代謝に影響を及ぼす生体にとって必須のホルモンで、過度なストレスを受けると分泌量が増加することが知られているが、今回の研究から、初対面の人間によるファーストネームの呼びかけで、唾液中コルチゾール濃度が減少する事が判明したという。

なお、研究グループでは今回の成果からファーストネームの呼びかけといった日常の何気ない行為がホルモンの状態を良好な方向へ導く手段の1つである可能性が示唆されたとしており、ポーラ・オルビスグループが今秋発売する予定の新製品のブランドコミュニケーションにもその成果を活用していく予定としている。