写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ispaceが運営する民間月面探査チーム「ハクト」は9月30日、Googleによる賞金総額3000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE(GLXP)」に挑戦する月面探査ローバーのプレフライトモデル、デュアルローバーの「Moonraker」と「Tetris」を発表した。

ハクトの月面探査ローバーは、2014年2月にGLXPが設ける中間賞の書類審査を通過した5チームの1つとして、モビリティサブシステム中間賞(走行系)のファイナリストに選定されている。GLXPが課しているミッションは月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信することだが、ハクトではオリジナルミッションとして、世界初の月面の縦孔探査を行う設計が施されているという。

「Moonraker」と「Tetris」はミッションに適した最小限の機能を搭載する超小型・軽量ローバーで、低コスト化のため民生品の部品が多く用いられているという。Moonrakerのサイズは480mm×600mm×540mmで重量は10kg、一方のTetrisのサイズは270mm×540mm×210mmで重量は2kg。

なおハクトは今後、これらのプレフライトモデルに対して宇宙機として機能することを証明するための試験を実施し、中間賞の獲得を目指すとしている。