日本代表初選出の広島DF塩谷「練習や生活の中で多くを学びたい」

写真拡大

 1日、日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督は10日に行われるキリンチャレンジカップ2014のジャマイカ代表戦と、14日に行われる国際親善試合のブラジル代表戦に臨む代表メンバーを発表した。

 サンフレッチェ広島からは2選手が選出。初選出となったDF塩谷司は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「日本代表に選ばれてとても光栄です。練習からアピールして、試合に出られるように頑張ります。また、日々の練習や生活の中で多くのことを学んで成長したいと思っていますし、楽しんできたいと思っています。ただ、まずは10月5日の柏レイソル戦をしっかり戦って日本代表に合流したいと思います!」

 1988年生まれで25歳の塩谷は、徳島商業高校から国士舘大学に進学し、2011年に水戸ホーリーホックに加入。2012年にはサンフレッチェ広島へと移籍し2012年は控えだったが、2013年には全34試合に出場しリーグ連覇に貢献している。2014年4月7日から9日の日本代表候補トレーニングキャンプには選出、参加経験がある。