未来都市は「センシング」を必要としている:イノラボ所長・渡邊信彦

写真拡大

いま東京は、2020年のオリンピック開催に向けて、大きくその姿を変えようとしている。しかしその青写真は、決して2020年がゴールではなく、その先の20年、30年を見据えたものでなければならないはずだ。「そのためには、計画の初期段階から街にセンサーを埋め込むことが不可欠」だと、オープンイノヴェイションラボラトリー(通称イノラボ)所長の渡邊信彦は考えている。その真意はどこにあるのか…。渡邊自身が語る。

「未来都市は「センシング」を必要としている:イノラボ所長・渡邊信彦」の写真・リンク付きの記事はこちら

渡邊信彦 | NOBUHIKO WATANABE
株式会社電通国際情報サービス(ISID)執行役員
オープンイノベーション研究所 所長
金融システムにインタラクションデザインを持ち込みネットバンキング、オンライントレーディングシステムの構築に多数携わる。経営企画室長を経て2011年オープンイノベーション研究所設立、所長就任。現在はさまざまなセンシングデータを元にソーシャルシティという新しい街のプラットフォーム開発を手掛ける。2020年東京大改造にむけて2014年8月、スポーツ&ライフテクノロジーラボをスタート。Senseable City TOKYO 2020をコンセプトに新しいスポーツの開発にも取り組んでいる。10月10日に開催される「WIRED CONFERENCE 2014」にも登壇予定。

前回、東京でオリンピックが開催されたのはちょうど50年前のことで、首都高速道路をはじめとする大型の都市改造計画はさまざまな経済効果を生み出し、日本の発展に大きく貢献しました。その意味において東京は、「オリンピックレガシー」を見事に使い切ったと思います。

今回のオリンピック開催に際しても、特にお台場や虎ノ門、あるいは新国立競技場周辺において大型な都市改造計画が予定されていますが、決してゴールは2020年ではありません。50年先とはいかないかもしれませんが、少なくとも20〜30年先を見据えた都市づくりをしていくことが大切です。

しかし前回とは異なり、今回の都市改造計画はまだまだ具体的なイメージが湧かない部分も多く、このままだと各ステークホルダーがやりたいことを個々に打ち出すだけで終わってしまうことにもなりかねません。

もちろん、それでもある程度はインフラが整っていくとは思いますが、先々を見据え、バラバラに動いている計画をひとつにつなげていく作業を初期段階でしておかないと、後から取り返しのつかないことになる点もいくつかあると思います。そのひとつが「街にセンサーを埋め込む」ことだと、ぼくたちイノラボは考えています。

この10年で、センサーの技術は大きく進化しました。そしていま多くの人が、スマートフォンというセンサーの塊を持ち歩いています。そんな状況を最大限に生かし、東京をより楽しく住める街にするために、街を「情報銀行」のように捉えていくことが必要だと思っています。

つまりセンシングされたデータが、個人のものだときちんとフラグがついたかたちで街に自動的に貯まっていき、個人は使いたいときに、例えば病院やスポーツクラブ、あるいはレストランや劇場とつながっていくカギをもっている、というイメージです。そういうプラットフォームが構築されることによって、医療や教育をはじめとするさまざまな分野で一気にイノヴェイションが起きる可能性があり、それによってぼくたちのライフスタイルは大きく変わっていくはずだと考えています。

近年、再生医療や遺伝子の研究、あるいは義手や義足や外骨格のテクノロジーが飛躍的に進歩したことにより、今後数十年の間に、人の寿命は飛躍的に伸びるという予測が出はじめました。もし仮に、これまでより50年長く生きることになるのだとしたら、いまよりもさらに、ヘルスケアやメンタルケア、あるいはエンターテインメントについて真剣に考えていかなければならないでしょう。その先鞭としても、街にセンサーを埋め込み情報銀行化することは非常に大切ですし、オリンピックを前に街が大きく変わろうとしているいまこそ、その実験をスタートするのに最適なタイミングなんです。

街をソーシャル化するプラットフォームをつくり上げていくために、ぼくらはいま、インプット側の人たちとアウトプット側の人たちの双方とコミュニケーションを取り続けています。インプット側というのは、ウェアラブルデヴァイスを開発しているヴェンチャーを含め、さまざまなセンサーをつくっている人たちです。

ただ、腕時計型をはじめ、身につけるタイプのセンサーがどんどん登場しはじめているものの、まだまだ「履歴を管理します」の域を出ているわけではないし、個々にスマートフォンとリンクしているに過ぎません。そこでぼくたちは、さまざまなデヴァイスを「神経系」としてつなげ、その先の「使い方」をプロトタイピングしていく作業をすることで、センシングされたデータをより有効に使える仕組みをつくりあげていきたいと考えているんです。

一方、アウトプット側というのは、実際に街をつくっている人たちです。近年は、タワーマンションやショッピングモールが都市開発の主流になっていますが、Wi-Fiネットワークは入っていますし、セキュリティの関係からカメラや赤外線センサーも導入されているので、例えばゲートでチェックする、ということもいまある装置で可能なんです。

インプット側(センサーヴェンダー)とアウトプット側(デヴェロッパー)をつなげるプラットフォームの役割をぼくらが担い、企業単体ではできなかった仕組みをどんどん提案していくことで、インプット側の人たちにはAPIを公開していただき、アウトプット側の人たちには「ぼくらの街でやってみようよ。センサーネットワークを入れてみようよ」と思っていただくことを、ぼくらは目指しています。

彼らをつなぎ、2016年までにひとつでも多くのプロトタイピングを世に出していくことで、2020年に向けて街の設計をしているみなさんに、「あっ、こんな街ができるんだ。センサーネットワークを入れないとダメだね」ということを、体感できるところまでもっていきたいんです。

ぼくたちは、独自のソーシャルシティ プラットフォームのためのサーヴィス「+fooop!」を開発し、2013年春に開業したグランフロント大阪にて、実証実験を行っている最中です。

グランフロント大阪におけるプロジェクトでは、現在までのところ個人情報に対するクレームは来ていません。例えば、施設内の5箇所に気温などの外環境をすべてセンシングし、なおかつ来場者には発汗センサーをつけて、どういった状況だとどのような状態なるか、といったデータを取る実験をしたときも、女性も含め嫌がられることはありませんでした。

ぼくたちではないのですが、災害時の避難ルートを検出するため「人の動き方を測定する手段としてカメラをセンシングデヴァイスとして利用する実験を計画されたときには、反発が多く中止になったときいています。そういう「どこまでのデータはOKでどこからは拒否反応が出るか」といったことも含め、とにかくやってみることでわかることって、たくさんあります。だからまずやるんです。

もうひとつ、アメリカのコーネル大学のある研究室と、ニューヨークのルーズヴェルト島にできる新キャンパスを、ソーシャルキャンパスにするための実験を進めています。

ルーズヴェルト島は、マンハッタンとクイーンズの間にあるイーストリヴァーに位置する小さな島なのですが、ニューヨーク市はここを「東のシリコンヴァレー」にしようと考え、既にグーグルやフェイスブックを誘致する準備をはじめています。スタンフォード大学に変わる存在として名乗りを上げたのがコーネル大学で、ぼくたちは彼らと、「論文のリファレンスから人間関係を可視化し、そこからリアルなコミュニティを繋いでゆく」という実験をスタートしたんです。こちらは2017年からスタートし、2037年に完了という建築計画を見据えた長期的なプロジェクトです。

そして東京では、先日、東京大学の暦本純一教授とともに『スポーツ&ライフテクノロジーラボ』をスタートさせました。いま、都市設計において最もダイナミックな変化が起きているのは、言うまでもなくオリンピック関連です。お金の動きも含め、街づくりがそちらの方向へ向かっていく流れをぼくらは変えられないので、だったら、スポーツやオリンピックという波に乗って、変えられるはずのライフスタイルを変えていかなければならないという思いから立ち上げたプロジェクトです。

先程も申し上げたように、この先、寿命が伸びていくことはほぼ間違いありません。だとすると、今後は「やれること」が大きく増えていくし、「健康」に対する価値観も大きく変わっていくはずです。ライフスタイルが一体どう変わっていくのか。その可能性が無限にある中で、よりよい生活をサポートするために、街自身の役割も変わっていく必要があると思います。

いまあるセンサー技術、そしてもうすぐ到達するセンサー技術をまずは用いてプロトタイピングを続け、考えられることをきちんと準備していくことが、この先20〜30年の都市の姿が決定づけられようとしているいまこそ、やらなければいけないことだと思っています。

そのヴィジョンや実現までの方法を、10月10日に開催される「WIRED CONFERENCE 2014」と、11月25日に発売される『WIRED』VOL.14にて、具体的にご説明したいと思っています。

開催間近!「WIRED CONFERENCE 2014」

『WIRED』日本版では、ICF会期中の10月10日(金)、同じく虎ノ門ヒルズにて「WIRED CONFERENCE 2014」を同時開催する。テーマは「FUTURE CITY:都市の未来を考える。東京を再インストールせよ」。テクノロジーの視点から“未来の東京”“未来の都市”のあり方をとらえるべく、建築家ビャルケ・インゲルスやUS版『WIRED』創刊編集長のケヴィン・ケリーらを迎える。詳細はこちら