宮崎県内でトレーニングキャンプを行っているU-19日本代表は9月30日、日章学園高と練習試合(30分×2)を行い、5-0で勝利した。

 FW南野拓実(C大阪)やMF関根貴大(浦和)らが出場した前半はスコアレスで折り返したが、メンバーをガラリと変えた後半は、京都サンガF.C.U-18所属で来季のトップチーム昇格が決まっているMF奥川雅也が33分、39分、46分に得点してハットトリックを記録。レギュラー獲りへ猛アピールした。

 JFAによると、奥川は「自分の持ち味である積極性が出せて良かった」。ただ慢心はなく、「まだまだパスミスなどがあるので修正していきたい。チャンスはあるのでアピールをしていきたい」と力を込めた。

 同代表は3日まで同地でトレーニングキャンプを実施。2日にはホンダロックと練習試合を行う。そのあと、4日にミャンマーに移動。9日に中国との初戦を迎えるAFC U-19選手権に備える。

U-19日本代表 5-0(前半0-0、後半5-0)日章学園高

得点者【U-19】

33分:奥川雅也

39分:奥川雅也

44分:井手口陽介

46分:奥川雅也

53分:オナイウ阿道

[前半]

GK:中村航輔(20分→吉丸絢梓)

DF:広瀬陸斗、内山裕貴、三浦弦太、坂井大将

MF:関根貴大、川辺駿、松本昌也、金子翔太

FW:南野拓実、越智大和

[後半]

GK: 吉丸(42分→高木和徹)

DF: 石田崚真、中谷進之介、茂木力也、宮原和也

MF: 高木大輔、井手口陽介、望月嶺臣、奥川雅也

FW: オナイウ阿道、北川航也


▼関連リンク

AFC U-19選手権ミャンマー2014特集ページ