ジャスティン・ビーバー、チャリティイベントでパンツ一枚に

写真拡大

 ジャスティン・ビーバーが9日(火)に行われたステージで、観客からブーイングを受けた後にパンツ1枚まで服を脱ぎ捨てた。

カルバン・クラインの下着姿に

 ニューヨークで行われたチャリティイベント、ファッション・ロックスにサプライズ出演を果たしていたジャスティンは、観客から不満をぶつけられた際に服を脱ぎ捨て、その鍛えられた体を見せつけることにしたようだ。

 このハプニングが起きた際ジャスティンはモデルのララ・ストーンと共に、カルバン・クラインのジーンズとアンダーウェアをメインにしたリタ・オラのパフォーマンスを紹介しているところだった。ステージ上を歩いているジャスティンにかなりのブーイングが上がったことでジャスティンは「なんだか俺もカルバンを着ていないと居心地が悪いな...」と言って、ララに服を脱ぐように促されたジャスティンは観客からの反対を浴びながらも服を脱ぎ去り、カルバン・クラインの下着姿になったという。その後ジャスティンは観客にブーイングを止めて歓声を上げるように呼びかけたようだ。

 このイベント後、ジャスティンは「おばあちゃんは親切心を武器にしろってことと、全国放送されている生中継中に服を脱げってよく言っていたものさ」と冗談交じりのツイートをしていた。

Written&Photo by bangshowbiz