地道に資産を築いていける不動産投資。しかし、賃貸物件を手に入れなければ始まらない。新築のマンションを建てるとなると何億円もかかるが、田舎の戸建物件なら50万円以下で買えるものがある。さらに、買値以上のお金を売り主側からもらえることもあるという。当初の資金がない人は、こんな格安物件を狙おう。

安いボロ物件でも、
そこそこの家賃がもらえる

 物件の値段と家賃の間には、明確な相関関係はありません。例えば、札幌の新築RC(鉄筋コンクリート造)マンションの家賃が7万円だったとしても、ボロ戸建2棟もあれば、月7万円以上の家賃がもらえます。

 実際、私の物件のうち家賃が一番安いのはアパートで2万9000円、戸建で3万円です。たいしてきれいであるわけでも、人気の地域でもありませんが、こういう物件は私の収入の主力になっていて、ボロ物件はボロのままがんばって稼いでくれます。

 屋根の雨漏りがあっても、塗装屋さんにコーキングをお願いすれば、2万円で修理できますし、多少なにかが壊れても直せば済む話です。

 もちろん、築浅の不動産は、「満室になりやすい」「管理の手間がかからない」「購入資金が借入れで賄える」などの前提条件に違いがあり、単純には比較はできません。

 田舎のボロ戸建を安い金額でせこせこ購入するような不動産投資は、一般的にはカッコよくないでしょう。でも、孫子の兵法に関する本を読むと「勝ちやすい機会を捉えて勝利すべし」と書いてあります。

 不動産で言うと、新築で利回りが低い物件よりも、ボロ物件だけど、安い物件を購入し、お金を稼ぎやすい場面をつくりだし、カッコ悪くてもお金を稼ぐことが重要です。

 私は、ライバルがいない田舎でボロ物件を購入して収入を増やし、その資金力で都会の優良投資物件を任意売却などで格安に購入していくということを目指しています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)