9月特集 アジア大会2014の発見!(21)

 仁川アジア大会・レスリング競技。女子スタイルに出場した日本の4選手の明暗を分けたのは、アジア最大のライバル――中国との戦いだった。

 9月8日から14日にかけてウズベキスタンの首都タシケントで行なわれたレスリング世界選手権には2番手を派遣し、温存した1番手をアジア大会に起用してきた中国。その並々ならぬ意気込みで今大会に照準を合わせてきたライバルに、「世界最強女子チーム」を誇る日本は警戒を強めていた。

 先日の世界選手権で2連覇を果たし、2016年リオデジャネイロ五輪の金メダル候補筆頭に躍り出た48キロ級の登坂絵莉は、アジア大会前、「これだけ短い間隔で減量したのは初めて」と不安をのぞかせていた。そして、いざフタを開けてみても、試合前のアップで足がつったり、身体にじん麻疹が出るなど、万全の体調とは程遠い状態......。若き日の吉田沙保里を彷彿させるような、タックルを中心とした活きのいい戦いぶりは、そこにはなかった。

 だが、慎重な試合運びで韓国・李有美との初戦を制すると、続く2回戦のエルデネスフ・ナラングレル(モンゴル)戦では10−0のテクニカルフォール勝ち。その後、決勝戦まで駒を進めると、昨年の世界選手権51キロ級チャンピオンである中国・孫亜楠を相手に得意の両足タックルを決め、常にリードを保つ安定した展開でアジア大会初出場・初優勝を果たした。

「中国をはじめ、アジアのレベルは高く、ヨーロッパの選手のほうがやりやすい。世界選手権優勝で過信し、動きが硬かった......。まだまだ挑戦者としてがんばります」

 強敵・中国を倒して優勝したものの、試合後、登坂は迫り来るアジアの脅威を素直に認めていた。

 一方、伊調馨が58キロ級に転向した後、63キロ級代表として初の世界大会に挑んだ渡利璃隠(わたり・りお)は、「勝たなければと意識しすぎて空回りした」結果、世界選手権1回戦でフォール負けを喫した汚名返上とばかりにアジア大会へと乗り込んでいた。気力・体力ともに十分な仕上がりで試合に臨むと、台湾・陳ミン陵との1回戦でいきなり10−0、さらに韓国・金敬恩との2回戦も12−2と連続テクニカルフォール勝ち。63キロ級の日本代表として、実力の違いをアジア勢に見せつけた。

 さらに勢いに乗った準決勝では、9月の世界選手権60キロ級を制した後に63キロ級でエントリーしてきたモンゴルのチェレンチメド・スヘーも撃破。そして、決勝の舞台で2013年のアジア選手権優勝の中国・西洛卓瑪と対峙すると、試合終了3秒前に逆転勝ちし、中国の63キロ級1番手を破って金メダルを獲得した。

 48キロ級と63キロ級でともに金メダルを獲り、「全4階級制覇」の夢が膨らんだ女子スタイル2日目。決勝戦で中国勢と当たった登坂(48キロ級)、渡利(63キロ級)とは対照的に、55キロ級の吉田沙保里と75キロ級の浜口京子は、初戦で中国勢と対戦した。

 レスリング史上初のアジア大会4連覇は間違いなしと、誰もが楽観視する中、マットに上がった吉田を見て、誰もが驚いた。

「小さい......」

 わずか17日前、世界選手権を53キロ級で戦った吉田は試合後、「増量します」と計画していたものの、体重を増やすことができずにアジア大会を迎えていた。初戦でぶつかる相手は、今年のアジア選手権55キロ級で優勝を果たした中国の鍾雪純。その相手とマットで並ぶと、小ささ、細さは観客席から見ても明らかだった。

 そして試合開始早々、吉田はシニアになって初めてと言っていいぐらい、絶体絶命の大ピンチに立たされることになる。鐘雪純に小内刈りを決められ、身体をマットに叩きつけられると、そのままニアフォール。吉田は両肩がマットにつかぬよう必死に逃げ、最後は首だけで身体を支えるブリッジで耐えた。これまで誰も見たことがない、吉田の苦しい形相......。それが30秒ほど続いたが、ようやく身体を反転させてうつ伏せで逃れるも、アンクルホールドをかけられ、まさかの0−5で劣勢に立たされた。

 オリンピック3連覇、世界大会V15の吉田が、ここで負けるのか――。そんな空気が会場を包み込んだ。だが、吉田はあきらめなかった。第2ピリオドに入ると、1本背負いで4点を獲得。再びポイントを引き離される展開になりつつも、最後は12−9で大逆転し、世界女王の底力をライバル・中国に見せつけた。

「試合の入り方も良くなかったですし、相手に研究されていましたね。一瞬でも『ダメだ!』と思ったら、やられていました。やっぱり、中国は強敵です」

 初戦でまさかの苦しい展開に追い込まれた吉田は、試合後にそう振り返った。

 ただ、難敵の中国を撃破した吉田は、パン・ティ・ロアン(ベトナム)との2回戦を38秒でフォール勝ち。準決勝はインドのバビタ・クマリ相手に14−4のテクニカルフォール勝ちを収め、決勝戦のビャムバチェレン・スンデフ(モンゴル)も12−1の圧勝で退けた。レスリング史上初の大会4連覇を達成した吉田は、笑顔で4本指を突き出し、アジア大会V4を自ら祝福した。

 そんな明るい話題が続く中、唯一、厳しい結果となったのが、75キロ級の浜口だ。他の3選手と違って世界選手権には出場せず、満を持して挑んだアジア大会。個人戦としては、2012年ロンドン五輪以来の国際大会出場となるため、大きな期待が寄せられていた。

 だが、初戦で迎えた中国・周風を相手に、浜口は攻め手を欠く試合展開。結局、接戦を打開できぬまま、1−2で惜敗を喫した。中国に敗れた浜口は、銅メダルをかけた3位決定戦でもモンゴルのブルマー・オチルバトに敗退。メダルを手にできぬまま、アジア大会を終えた。

 1987年に女子レスリングがスタートしてから、常にライバル関係にあり、何度も日本を倒さんと挑んできた中国。それでも日本は、今大会でも4階級中金メダルを3個奪取し、アジアナンバー1の座を死守した。だが、中国の「打倒・日本」の火が消えたわけではない。むしろ今回の日本選手との接戦を受けて、ますますその火は燃え上がるだろう。リオデジャネイロ五輪の第1次予選を兼ねた来年の世界選手権、そしてオリンピック本番に向けて、虎視眈々と「打倒・日本」を狙う中国の存在は要注意だ。

宮崎俊哉●構成・文 text by Miyazaki Toshiya