米国で初のケースとなるエボラ出血熱感染、疾病対策センターが確認

ざっくり言うと

  • 米疾病対策センターが9月30日、米国で初となるエボラ感染を確認した
  • 患者は最近、西アフリカに渡航し帰国後数日で発症した
  • 現在、テキサス州ダラスの施設で隔離されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング