御嶽山噴火で治療にあたった医師らが負傷者の傷にみられた共通点に言及

ざっくり言うと

  • 長野赤十字病院の医師らが30日、御嶽山噴火の緊迫した治療現場を振り返った
  • 木曽病院で診察を受けた5人ほどの患者は、全員背中側に傷が集中していた
  • 頭を腕で守りながら逃げようとして、けがをしたと推測される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング