こえ部がサイバーエージェントの運営に 「ガールフレンド(仮)」相乗効果を狙う

写真拡大

Amebaなどのサービスで知られるサイバーエージェントは、9月30日(火)、カヤックが運営する音声投稿コミュニティーサイト「koebu(こえ部)」を譲り受けたことを発表。同時に同名の事業会社・koebuを設立し、人気声優を起用した恋愛ゲーム「ガールフレンド(仮)」などとの相乗効果を目指す。

こえ部から「ガールフレンド(仮)」に出演できる日も近い?


re33855233

Amebaの人気サービス、ガールフレンド(仮)


koebuは、「こえであそぶ」をキーワードに面白法人・カヤックが2007年から提供開始した日本最大級の音声投稿コミュニティサイト。

2014年9月末時点での会員数は83万人。歌やせりふ、ドラマ、ラジオなどの音声コンテンツの投稿や聴取ができ、声優オーディションやイベントなども展開している。

こえ部を譲受されたサイバーエージェントは、会員数555万人を突破した人気ゲーム「ガールフレンド(仮)」や、その女性向けゲーム「ボーイフレンド(仮)」など、人気声優を起用した恋愛スマートフォンゲームでの相乗効果を期待しているという。

千人に一人の逸材と言われネットから注目を集めた人気アイドル・橋本環奈さんの起用など、現実のアイドルも「ガールフレンド(仮)」に参加しているため、koebuの出身者がゲームに参加する可能性も期待できそうだ。