北朝鮮との決戦を翌日に控え、佐々木監督は「チェンジサイドを上手く利用したい」と語った。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 北朝鮮との決勝戦に挑むなでしこジャパンが30日、仁川市内で最終調整を行なった。
 
 前日のベトナム戦で左膝を痛めた中島依美は、大事をとって練習には不参加。その他の選手たちはウォーミングアップを終えた後、相手の攻撃パターンを想定した守備時のポジショニングやセットプレー対策を入念に確認し、練習後には現地のボランティアスタッフたちと一緒に記念撮影する姿も見られた。
 
 決戦に向けて佐々木則夫監督は、相手のロングボール主体の攻撃に対しては、ラインコントロールの整備、パスの出所のケア、菱形の中盤への対応策などを守備面のポイントとして言及。攻撃面に関しては「チェンジサイド」が鍵を握るとし、「失敗を恐れずに、最初から戦って、落ち着いてきたらボールを動かす。そういう展開のなかでチェンジサイドを上手く利用できれば、いい戦いができるはず」と展望する。
 
 ここまでの5試合すべてに先発している川澄奈穂美は、「映像を観る限り、非常にスピード感がある。やることもはっきりしていて、その『質』も上がっている印象」と警戒を強め、「相手も点を取るために、前に前に出てくると思うので、奪った瞬間がチャンスになる」と試合展開をイメージしている。
 
 連覇に王手をかけた、なでしこジャパン。北朝鮮はこれまで戦ってきた格下の相手とは比べものにならないほど手強いが、経験豊富な選手たちが要所を締め、若い選手たちが思い切りのいいプレーで勢いをつけられれば、目標とする金メダルを手に入れることはできるはずだ。
 
取材・文:広島由寛(週刊サッカーダイジェスト)