湖池屋、スナック菓子の「指の粉」対策ロボを開発

写真拡大

 菓子メーカーの湖池屋が、スナック菓子の粉が指につくとスマートフォンやパソコン操作の妨げになる可能性があるとして、専門の特命チーム『湖池屋 指の粉対策プロジェクト』を発足した。また、スナック菓子を食べさせてくれる専用ロボット『ドはまりスコーン Hands-Free System』(以下:ロボット)の開発も発表。

【関連:筑波大学、初音ミクと添い寝できるシステムを開発】

ドはまりスコーン Hands-Free System

 ウェブ上で公開されたプロジェクト動画によると、ロボットはスナック菓子の封を開けることができ、口まで一つずつのスナックぶことができるよう。ただ完成品とまでは至っておらず、時々スナック菓子を落としてしまう様子も紹介されている。

ドはまりスコーン Hands-Free System

 なお、このロボットは9月15日に発売開始された、“粉が付いた指までおいしくなってしまう”で展開中の『ドはまりスコーン』ラインナップ『ドはまりスコーン 濃厚カルボナーラ味』のPRを目的に開発されたもの。そのため残念なことに実用化の目処はたっていない。