当然を、当然のようにこなすことが、何よりも難しい――。それは、トップアスリートたちがよく口にする言葉である。

「相手は、失うものが何もない」。これも、下位の選手と戦う上位選手が、その困難さを表する言葉だ。

 圧倒的な優勝候補と目されることのプレッシャー。「一獲千金」を狙い、バクチ的な勝負を仕掛けてくる対戦相手。さらに、自分より上位選手がいない ために、上がりきらぬモチベーション......。それらの要素が揃った時、「当然」は突如として、最大の障壁へと変容する。『世界8位(※)』、『大会第1シード』、そして『全米オープン準優勝者』としてマレーシアオープンに挑んでいた錦織圭が歩んでいたのは、そのような険しき道であった。

※錦織圭の世界ランキングはマレーシアオープン優勝を経て、9月29日付で7位に上昇。

「決勝進出は当然と言えば当然ですが、当然を簡単にこなせるのが、トッププレイヤーの使命だと思うので」。錦織がそう口にしたのは、マレーシアオープン準決勝後のことである。

 準決勝で対戦したヤルコ・ニエミネン(フィンランド)は、最高位13位まで登りつめたことのある33歳の実力者だ(現在は世界ランキング57位)。経験豊かなベテランにしてみれば、今、最も話題性豊かで勢いに乗る世界8位の全米オープン準優勝者に、ひと泡吹かせてやろうとの野心を抱えていたことだろう。サウスポーから放つフラット系の強打を武器とするニエミネンは、イチかバチかのリターンやサーブ&ボレーを次々と試み、試合中盤ではそれらをことごとくポイントに直結させた。相手の猛攻を受けた錦織は第2セットを落とすが、それでも第3セットでは、「集中力を高め、足を動かし、基本に立ち帰る」ことで相手の勢いを受け止め、押し返した。

 標的にされることの困難さに打ち勝ち、決勝進出を決めたその後に明言したのが、先述の「当然」という言葉だった。その口調は実に穏やかで、どこか牧歌的な柔らかさすらあったが、根源にあるのはトッププレイヤーの自覚と峻烈(しゅんれつ)なる覚悟だ。

 そんな錦織ではあるが、やはり今大会に入る前には、気持ちの切り替えの困難さに直面したことも認めている。

 グランドスラムで大きな結果を残した後の精神面の変化については、今年1月に全豪オープンを制したスタニスラス・ワウリンカ(スイス)が残した、以下の言葉が記憶に新しい。

「優勝した後、世の中すべてが、これまでと違って見えるようになった。試合や練習中でも思いどおりに行かないと、『こんなはずではない、もっと俺はできるはずだ』と自分を追い詰めてしまうんだ......」

 興味深いのは、このワウリンカとほぼ同じ言葉を、今回の錦織が残したことだ。

「気持ち的には、葛藤がいろいろとありました。やはり全米で準優勝したので、ひとつ何かうまくいかないと、『こんなはずじゃない』と思ったり......。あれだけの結果を出して自信がついた分、気持ちのハシでは過信したりする部分もあるので......。ああいう大きな結果の後では、気持ちの部分が一番大きいですし、一番気をつけているところです」

 そう振り返ったのは、マレーシアオープン序盤のことだった。

 自信と過信はコインの表裏であり、好成績が生む光と影だろう。ボタンをひとつかけ間違えば、たちまち影の負のスパイラルに飲み込まれる可能性もある。ただ錦織は、その危険性を客観視し、熟知した上で、今回の戦いに挑んでいた。

 全米オープンは、すでに過去のモノとなっているのか――?

 そう問うと、錦織は、「なるべくそうしてますね。なるべく忘れて......あまり充実感に浸り過ぎないように、気持ちをすっかりゼロに戻して」と言うと、一度言葉を切ってから、こう続けた。

「それが、できていると思います」

 マレーシアオープンでは、気持ちを「ゼロに戻して」勝ち進んだ錦織だが、決勝戦では、新たな葛藤にも直面した。

「決勝までは、気持ち的にまったく考えずスイスイ来たのですが、やっぱり決勝前日の夜から、250(※)が掛かっていると思うと、眠れなかったり、プレッシャーも出てきて......」

※マレーシアオープンは「ATPツアー250」のカテゴリー

 1時間47分の熱戦を制して決勝を制し、優勝を決めた後に錦織は安堵の表情を浮かべ、そう認めた。彼が言う「250」とは、この大会優勝で得られるATPランキングポイント数。その250ポイントが重要なのは、今季のポイント獲得上位8選手のみに与えられる、11月ロンドン開催の「ツアーファイナル」出場権にかかわってくるからだ。錦織は現在、今季のポイント獲得数で6位につけている。マレーシアオープン優勝による順位変動はなかったものの、7位の選手とのポイント差を310まで広げられたのは大きい。

「今はとりあえず、ロンドンを目標にしています。今年はこれだけ近づいて、完全に(出場を)狙える位置なので、この250ポイントは大きいと思います」

  今季の目標を明言した錦織は、さらに表情を緩め、こうも続けた。

「最近では、日本でもニュースになって、みんなにも言われるし......。ロンドンなんて、みんな知らなかったのにと思ったり」

 そう言って浮かべる照れと、戸惑いの混じった笑みに、彼を取り囲む状況の急激な変化が端的に映し出される。それら精神的な困難に打ち勝ったこと、そして、「フィジカル面でも強くなったことを証明できた」という意味でも、今回の優勝は「すごく大きい」と彼は言った。

 そして、全米後に迎えた最初の難関を優勝という最高の形で終え、次に彼を待ち受けるのは、恐らく最大級の試練だろう。

 日本開催の、楽天ジャパンオープン――。

 ホーム開催のこの大会は、錦織に地の利というアドバンテージを与えると同時に、社会現象とも言える過剰な注視と期待が、負担として圧し掛かる。その熱狂空間に足を踏み入れることについて、彼は、「ちょっと不安はありますね。硬くなるんじゃないかとか、空気に飲みこまれるんじゃないかなとか......」と、素直に本音を口にした。

 だが、自分のやるべきことは、分かっている。

「それよりも、今は自信があり、良いテニスもできている。一番はやはり、雰囲気に負けないことと、自分のプレイをしっかり心がけること。あまり周りの目は気にせず、自分のやれることを、まずはしっかりやりたいと思います」

 地元で受ける周囲からの期待を、彼は、「当然」だと覚悟しているだろう。それに応えてこそのトッププレイヤーだとの、自覚や矜持(きょうじ)もあるはずだ。

 日本人初のグランドスラム準優勝者として、初めて迎える日本開催の大会という状況に、錦織圭がいかに立ち向かうのか――。今、この時しか見られぬその戦いを、しっかりと目に焼き付けておきたい。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki