富士通製「ARROWS NX F-02G」が発表

写真拡大

NTTドコモが2014年9月30日に新たなスマートフォンのラインアップを発表した。そのうちの一つ富士通製「ARROWS NX F-02G」の目玉は、ドコモスマートフォンの中で初搭載となる5.2インチ超高精細「WQHDディスプレイ」だ。

解像度は2560×1440で、AppleのiPhone 6やiPhone 6 Plusに搭載されたRetina HDよりも高い。

通信面でも改良を図り、富士通独自の高速ダウンロードをWi-Fiと3G/LTEの2つのネットワークで同時に実行することで、「ARROWS史上最速の通信速度を実現」。通信速度は従来比約3倍にもなるという。また、マルチコネクションで安定通信を実現した。

バッテリーは3500mAhと大容量で、一人一人の使い方に合わせて適切にアプリをコントロールする「ヒューマンセントリックエンジン」により、省電力と高機能を両立させた。