短編アニメに新たな動き! tampen.jpとMotionGallery提携、第1弾に大川原亮

写真拡大

短編アニメーション総合情報サイト・tampen.jpが、クラウドファンディングサイト・MotionGalleryと提携。コラボ企画第1弾として、短編アニメーションで世界中の映画祭でノミネート・受賞を果たしてきた気鋭作家・大川原亮さんの新作短編アニメーション『ディス イズ マイ ハウス』の製作を発表。

さらに、その製作のための支援募集を個人・法人向けそれぞれに開始した。

大川原亮監督『ディス イズ マイ ハウス』tampen.jp×MotionGallery




新たな短編アニメーション映画製作プラットフォームを


tampen.jpは、短編アニメーションをより身近で当たり前にすることをコンセプトに1月から始まっている。今回のMotionGalleryとの提携を、”新たな短編アニメーション映画製作プラットフォーム開発への挑戦”としている。

その第1弾作家となる大川原亮さんは、『空の卵』(2012)でシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭で最優秀学生賞を受賞し、Mr.Children『PINK〜奇妙な夢〜』ライヴ演出映像やドラマ『ヴァンパイア・ヘヴン』オープニングアニメーションなどを手がけてきた。

『ディスイズマイハウス』メインヴィジュアル (c) 2014 Super Milk Cow

『ディスイズマイハウス』メインヴィジュアル (c) 2014 Super Milk Cow



『ディス イズ マイ ハウス』では、思春期の少年を軸にしたリアルな家族像を、液晶タブレットを使用し、コンピュータ上で1枚1枚手描きで制作される。

新たな短編アニメーション映画製作プラットフォームを


発表と同時にMotionGallery内で開始された支援募集プロジェクトで集まった資金は、この膨大なアニメーション制作費、音響制作費等に充当されるとのことだ。

受付は2015年1月5日(月)まで、3,000円から100,000円までの個人の支援コースから、1,000,000円までの法人向けのコースがある。

特典として、試写会の招待や、アートブックやBlu-ray Disc、複製絵コンテのほか、法人・団体向けには、スポンサーとしてのクレジットのや、本作品とは関係ない15秒のWeb動画CM作成、tampen.jpでのバナー掲載などが用意されている。

加えて、MotionGalleryが8月からアメリカの2大クラウドファンディングサービスの一つ・Indiegogoとの提携を開始したこともあり、本作品も11月よりIndiegogoでのキャンペーンも始まり、日米同時にプロモーションを行う予定だ。