写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Peris Group International(PGI) Ltd は9月25日、世界70カ国以上が参加する歴史と権威のある、世界で唯一"ブライダル"に特化したコンテスト『BRIDE of the World ブライド オブ ザ ワールド』の日本決勝大会『BRIDE of the World Japan 2014 ブライド オブ ザ ワールド ジャパン』を開催した。

○"日本の理想の花嫁"を決めるミスコン開催

2回目の開催となる同イベントは、"花嫁こそ、その時代、その国の文化の象徴である"とし、「文化価値」や「家族への愛」を含めた「内面の美しさ」を審査基準に栄えあるグランプリを決定するというミスコンテストで、東京ミッドタウンのアトリウム(東京都港区)で開催された。当日は、カツラユミインターナショナルの代表取締役社長 桂由美氏をはじめとする各界の豪華著名人が審査員を務めた。

第1次審査の和装ウォーキングで桂由美デザインの色打掛を羽織ったファイナリスト8名が妖艶に登場すると、会場からはため息と共に歓声が上がり、第2次審査では"家族、愛、結婚"をテーマとしたスピーチを披露、第3次審査では桂由美デザインのウエディングドレス姿で登場。最終審査である審査員からの質疑応答では、ファイナリスト全員が凛とした姿勢で回答した。

栄えあるグランプリには東京都出身の女優・黒部菜々佳さんが輝き、11月に中国で行われる世界大会『BRIDE of the World』に日本代表として参加するという。

(アリウープ)